かつにっき

自由を愛するWebライター 大西勝士のブログ

フリーランスを目指すサラリーマンが会社を辞める前にやっておくべき5つのこと

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-green_google220141024215219_TP_V (1)

 こんにちは!カツシ(@katsushio1603)です。 



会社を辞めてフリーランスになって3年目を迎えております。

ここまで何とかやってこれたのは、多くの方々に支えていただいているおかげです。

一方で、会社を辞める前にもっと準備をしておくべきだったと後悔していることもあります。


今回は自身の経験から、会社を辞める前にこれだけはやっておいたほうがいいと思うことを書いてみます。

 

お金を貯める

-shared-img-thumb-YUKI_kodomookane15144623_TP_V (2)

フリーランスになるには、税務署に開業届を提出するだけでお金はかかりません。

今は開業資金が少なくてもできる仕事が多くなりました。

それでも生活費はかかりますよね。


フリーランスになってすぐに収入が得られる保証はありません。

ずっと安定して収入が得られる保証もありません。

会社を辞める前に最低でも1年間は無収入で暮らせるぐらいの貯金は欲しいです。

月20万円と考えると、2~3百万円ぐらいあればしばらくは大丈夫。


毎月の収入が途絶えるのは、想像以上にきついです。

ぼくは1年間無収入でした。

今思うと、ある程度の貯金があったこと、妻が働いてくれていることは精神的な支えになりました。


クレジットカードを作っておく

-shared-img-thumb-GREEN_kureka_TP_V

会社を辞める前にクレジットカートを作っておくことをおすすめします。

フリーランスは社会的信用が低く、審査に落ちることも多いんです。

会社員であれば、審査に落ちることは少ないでしょう。


事業専用のクレジットカードがあると便利です。

手元に現金を用意しなくてもいいし、経理も楽になります。

ぼくは会社を辞める前に1枚作り、今でも仕事用で使っています。

特別な機能は必要ないので、年会費無料のカードで十分です。


事務用品の購入はネットショッピングを利用すると便利。

LOHAKOを使うならYJカード 楽天市場を使うなら楽天カード がおすすめです。



会計、税務の勉強をしておく

-shared-img-thumb-PAK86_aoiroshinkokusyorui20140312_TP_V

会社員なら税金計算や年金、健康保険などの社会保険関係は会社がやってくれます。

しかし、フリーランスになると自分でやるか、お金を払って税理士さんにお願いすることになります。

ここは結構ハードルが高いところだと思うんです。


ぼくは前職が経理で、日々の会計処理から決算、税務申告、資金繰りなどを一通り経験していました。

おかげでフリーランスになってからもほとんど困ることはありませんでした。

でもそういう経験がある方ばかりじゃないし、苦手意識を持っている方も多いでしょう。


まずは入門書を一冊を読むことをおすすめします。

必要なのは最低限の知識で、専門知識ではありません。

苦手だったら税理士さんにお願いすればいいんです。

でも、ある程度知識があったほうが仕事がうまくいっているか理解しやすいし、余計なお金を払わなくて済みます。

苦手だからと逃げず、一冊は読んでみてください。

 

 

SNS、ブログで自分の考えを発信する

-shared-img-thumb-PAK73_MBAsawarukey20140312_TP_V

ぼくは会社員のとき、SNSFacebookTwitterなど)やブログはやっていませんでした。

ここは後悔していて、もっと早くやっておけばよかったと思っています。


フリーランスに問われるのは個の力。

「あなただからお願いする」ということが増えていくわけです。

多くの人がスマホを持つこの時代、自分の考えを発信しているかどうかは大きな差を生み出します。


あなたのSNSやブログを見て、そこから新たな仕事が発生する可能性があります。

既存のお客様に見てもらうことで、関係を深めることにもつながります。

セミナーなどで出会った方とは、Facebookでお友達になることが多くなりました。


ぼくはこのブログ以外に仕事(学習塾)のブログも更新しています。

そのブログを見てくださった保護者様から、「先生のブログ役に立ちました!」と声を掛けていただいたこともありました。

SNS やブログは個人をアピールするのに有効なツールなのです。


会社を辞めてからやろうと思っても、習慣になっていないと続きません。

しかも、やればすぐに結果が出るものでもない。


だからこそ、会社員時代から取り組んでおくことをおすすめします。


家族の理解を得る

-shared-img-thumb-MIMIYAKO85_katawoyoseauhutari20140725_TP_V

ここが一番大事なところです。

自分の家族から応援してもらえるかどうかは非常に大きい。

あなたが結婚しているなら妻(夫)と事前に話し合い、理解を得ておきましょう。


ぼくは学習塾開業の話をもらったとき、真っ先に妻に相談しました。

妻は「やりたいなら応援する」と言ってくれ、今でも仕事のことで文句を言われたことは一度もありません。

思うように集客できなかったときも、「今はそういう時期なんだよ」と励ましてくれました。

妻には心から感謝しています。


家族との関係が悪かったら、きっとうまくいっていなかったでしょう。

ぼくは「家族を最優先に考える」と決めています。

会社を辞めてフリーランスになりたいなら、ここだけは絶対にクリアしておくべきところです。



まとめ

フリーランスと言っても準備することは仕事の内容によって異なります。

専門知識を勉強する必要がある場合も当然ありますよね。

ただ、今回書いた5つはどんな仕事にも共通して考えられること。

最低限これだけはやっておいたほうがいいとぼくが思うことです。

会社を辞めてフリーランスを目指している方に、少しでも参考になればうれしいです。