かつにっき

Webライター&勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

【書評】日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy

スポンサーリンク

IMG_20160421_103418

 こんにちは!カツシ(@katsushio1603)です。



日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy (ぴあ書籍)」を読みました。

「Why Japanese people?」でおなじみの厚切りジェイソンさんの本です。

彼は芸人だけでなく、IT企業役員としても活躍しています。

Twitterでは人生相談までしてるんですね。


本書はTwitterでの人生相談に解説を加えてまとめたもの。

アメリカ人ならではの視点がとてもおもしろくて勉強になります。


早速紹介します!


 

ストレスはいらない!

 ストレスは、いらないんですよ‼ 僕が見ていて感じるのは、「日本人はストレスを実感しようとしている」ということ。でも、いらないでしょ?どうにもならないことは運命に任せて、自分ができることをしっかりやれば、なんとかなる。ならないとしても、それでストレスを感じようが感じまいが、結果は同じなんだから。



厚切りジェイソンさんの座右の銘「人生はなんとかなる」だそうです。

自分にとって重要なことほど、「~したらどうしよう?」とストレスを感じてしまう。

でも、冷静に考えると心配したって結果が変わるわけじゃないんですよね。

どうにもならないことは運命に任せ、自分ができることだけに集中する。

不安になったときにこう考えるクセをつけるとストレスは軽減できるはず。

ぼくも今からやろう!


日本の上下関係はおかしい!

 先に会社に入った人を、なんで後輩は尊敬しなくちゃいけないのか。仕事ができる人に対しては、入った時期なんて関係なく尊敬するよ。なめられるのは、仕事ができない人だからでしょ。

 後輩をどうにかするより、まず自分をなんとかしろよ。今のままだとなめられっぱなしなのだから、自分の行動から変えていくべき。尊敬してもらいたければ、何かやれ! 



年長者を敬うという考えは日本人なら多くの人が持っているはず。

これは日本人なら普通だし、ぼくもおかしいとは思わない。

でも、仕事に関しては別ですよね。


入社が早かろうが遅かろうが、年上だろうが年下だろうが、相手を尊敬して学べるものは学ぶ。

自分が提供できるものがあれば提供する。

もう「年下だから言うこと聞くべき」なんて時代じゃないよね。


考える力を身につけろ!

 一番大事なことは、自分の意見を言える・・・・・・つまり、自分でものごとを考えられるようになること。自分で決断できるようになり、何がしたいかを考え、なぜそれがしたいのか、何をすればうまくいくのかを考える。そういうことの答えが自分で出せるようになれば、よりスムーズに生きられるから。
 通勤電車に乗っていると、「日本人はアリみたいだな」と思う。乗っている人たちに笑顔はない。表情は生きていない。みんな、つらそうに見える。そういう大人にならないためにも、考える力を身につけておこう。
 


アメリカ人がどうかはわからないけど、「みんながやっているから」で決めている人は多いのは確か。

  • 自分は何がしたいのか。
  • 自分がしたいことをするにはどうしたらいいのか。


「ランチに何食べるか」なんて小さなことでも、自分で決める習慣をつけることが大事。

今の状況は、今までの自分の決断の結果です。

自分で決めて、自分の人生を生きよう!


何でもいいから発信しよう! 

 このスマホ時代、ただ情報を消費するだけの人が多い。
 ほとんどの人が、何も生み出さない。ずっとテレビ見て、スマホをいじり、時間のムダ遣いをしている。それじゃ、いてもいなくても同じ。何かを返さないと。

 今は、世に発信する方法もたくさんある。Youtube、ブログ、SNS、なんでもある。すぐに、世に出せるよ。 
 好きなことをやり、興味のあるものをつくってみてごらん。それを、どこかにアップしてみなよ。生きていることの手応えになるかもしれないから。 



スマホが普及したことで、この世には情報が溢れています。

そして、個人が簡単に世に発信できるようにもなりました。

だからこそ、うまく付き合わないと時間をムダに使うことになるし、他人のことばかり気にして消耗してしまう。


ぼくもブログを始めてから、だらだら情報を消費する時間は少なくなりました。

やりたいことがなくて悩んでいる人はブログやSNSで何か発信してみるといい。

習慣にできれば、いろんなことに興味が湧いてくるようになりますよ。


人の目を気にするな!

 人の目を気にするのは、日本人だけじゃない。でも気にする人の割合は、アメリカよりは多く感じる。アメリカにもいるけれど、日本はその100倍ひどいと思うね。
 まわりの目にとらわれて生きて、いいことは何もないよ。ふわっとした「認められたい」という欲求を満たすためだけに、生きていくはめになる。 


これはぼくの取り組むべきテーマです。

人の目を気にして生きていくことほど苦しいことはないと思う。

本を読んだり、セミナーに参加して勉強したことでかなり楽になりましたけどね。


厚切りジェイソンさんも意識して気にしないようにしていると本書に書かれていました。

自分が他人に大して興味がないように、他人も自分のことに大して興味はない。

周りを気にせず、自分のやりたいことやろう!


まとめ

テレビだとやさしそうな印象でしたが、ストレートな言葉でぶった切っていましたw

でも、それが爽快で心に響きました。

他の自由に生きている人たちと共通点が多いけど、違う視点で伝えてくれるから理解が深まります。

周りを気にして苦しい人、自由に生きたい人には特におすすめです。

いやー、おもしろかった!


この本の詳細はこちらからどうぞ!