かつにっき

Webライター&勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

【書評】ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく

スポンサーリンク

IMG_20160415_153501

 こんにちは!カツシ(@katsushio1603)です。



堀江貴文さんの「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」を読みました。

堀江さんのこれまでのことや働く理由などについて書かれた本です。

家族や学生時代に考えていたことが特に興味深かったですね。

コンプレックスなども告白されていて、びっくりしました。


早速紹介します!

 

チャンスをつかむには「ノリのよさ」

 友達からヒッチハイクに誘われて、やってみるのか、断るか。 あるいは友達からおもしろそうなイベントに誘われて、参加するのか、しないのか。 イベント会場で積極的に話をしようとするのか、会場の隅で傍観者になるのか。 いずれもとるに足らない、些細なことだ。 しかし僕は、あらゆる人の一生とは、こうした小さな選択の積み重ねによって決まってくるのだと思っている。

 
僕はこの「チャンスに飛びつく力」のことを、向上心とか目的意識とか、そんな堅苦しい言葉で語りたくはない。もっとシンプルな、人としての「ノリのよさ」だと思っている。フットワークの軽さ、好奇心の強さ、そしてリスクを承知で飛び込んでいける小さな勇気。それらの総称が「ノリのよさ」だ。

 
少しでもおもしろいと思ったら、躊躇せず飛び込む。そうしないと、せっかくやってきたチャンスは流れる桃のように過ぎ去ってしまう。 


チャンスは突然やってきます。

僕が独立したときもそうで、「もういいや!えいっ!」って飛び込んだ感じでした。

どうして会社を辞める決断ができたのか、今でもよくわかりません。

深く考えず、直感で決めたがよかったのかな。

これが堀江さんの言う「ノリのよさ」なのかもしれない。


人生は本当に小さな選択の積み重ねですね。

勇気が必要だけど、自分の感覚を大切にしていきたいです。


できる理由から考える

 突き抜けられる人と、そうでない人の違いは、次の一点に尽きる。 物事を「できない理由」から考えるのか、それとも「できる理由」から考えるのか。それだけだ。突き抜けられるかどうかは能力の差ではなく、意識の差なのである。

 
どこかで思考することをやめ、前に進むことをやめ、前例や常識ばかりを振りかざす、心の「オヤジ」になっていないだろうか? 「できる理由」を考えず、「できない理由」ばかり口にしていないだろうか? これからの自分がどんな働き方を選ぶのか、もう一度真剣に考えてほしい。それは自分の生き方を選ぶことに直結する。人はメシを食うために働くのではない。働くことは生きること。僕らは、自らの生を充実させるために働くのだ。 


年齢を重ねるたびに、やる前から無理だと思ってしまう自分がいます。

気をつけないと人生がつまらなくなってしまう。

「どうしたらできるだろう?」と考えると、いろんな可能性が見えてくる。

諦めるのは簡単ですからね。

強く意識していこう。


自分の本業なんて、決める必要はない

 自分の本業なんて、決める必要はない。 宇宙やロケットが好きな僕がいて、インターネットが好きな僕がいて、グルメ好きな僕がいて、メディアに関心の高い僕がいる。どれもが「堀江貴文」なのだし、自分をひとつの枠に押し込めなくてもいいのだ。

 
「飽きっぽさ」と「惚れっぽさ」はコインの裏表のような関係にある。 すぐに飽きる人は、別のなにかにすぐ惚れる。好奇心むき出しで、さまざまなジャンルにチャレンジできる。ひとつの専門に縛られることなく、より多くの人と出会い、より多くの知見を広めることができる。これは僕の飽きっぽさ(惚れっぽさ)がもたらしてくれた財産だ。 



僕も飽きっぽいところがあるのですが、ここを読んでそれでもいいんだと思えました。

別に仕事をひとつに絞る必要ないですもんね。

特に今は会社に勤めながらでも、自分のやりたいことに取り組める時代。

今年からブログを始めたんですが、理由はやってみたいと思ったから。

あまり常識や枠に縛られず、自分がやりたいと思ったことにはチャレンジします!


まとめ

この本すごくおもしろくて、1日で読んでしまいました。

言い切る文章だから、わかりやすいし、読みやすい。


読んだら堀江さんに対するイメージがきっと変わります。

堀江さんにもコンプレックスがあり、そして、努力の人だと知ることができました。

ぜひ読んでみてください。


この本の詳細はこちらからどうぞ!