かつにっき

自由を愛するWebライター 大西勝士のブログ

【書評】うまくいっている人の考え方 完全版

スポンサーリンク

IMG_20160317_211648

 こんにちは!カツシ(@katsushio1603)です。



うまくいっている人の考え方 完全版」を読みました。

著者のジェリー・ミンチントンさんは、自尊心の研究を行っている方のようですね。


本書のテーマは「自尊心をどう高めるか」。


自尊心とは自分を大切にしようとする心です。

うまくいっている人は自尊心が高いんですね。


今うまくいっていない人、苦しい生き方をしている人は自尊心が足りないのかもしれない。

僕がそうだったからよくわかります。

僕は自分のことを大切にできるようになって、とても楽になりました。
 

www.not-bound.com



本書には、自尊心を取り戻す方法が100項目書かれています。

今回はその中から厳選した5つを紹介します!


 

自分を許す

 ミスをしても自分を責めるのはやめよう。
 「自分はなんてバカなんだ」とののしったり、自分を非難してはいけない。そんなことをすると、自分のすることは何でも間違っているんじゃないかという気持ちになって、さらにミスを繰り返すことになるだけだ。

(途中省略)

 誰だって選択ミスをしてしまうことがある。しかし、それはわざとではない。みじめな気分になることを人生の目標にしている人は一人もいないはずだ。 


ミスを繰り返さないための対策を考えることは大切です。

でも、対策を考えることと自分を責めることは違います。

「自分はだめだ」と思っても、何も得るものはありません。


人は誰でも間違いをします。

その時に必要なのは自分を責めることではなく、自分を許すこと。

自分を許せるようになれば、どんなことにも余裕をもって取り組むことができるようになります。


したくないことははっきりと断る

 こちらがいやだとか都合が悪いと思っているのに、自分の仕事をひたすら押しつけてくる人がいる。そして、もしその人の要求に負けてそれを受け入れると、結局、こちらが憤りを感じたり、相手の犠牲になったように感じたりするものだ。

(途中省略)

 こういうときは、はっきりと断ればいい。いちばんいい解決方法は、「私はそれをしたくありません」と言い切ることである。理由を述べる必要はない。
 相手があなたに要求を押しつけてくることに疑問を感じないのと同様、あなたも相手の要求をはっきりと断ることに疑問を感じる必要はない。 


理不尽な要求をされることってありますよね。

相手が上司やお客様の場合は特に、なかなか断ることはできない。

いい人やまじめな人ほどそうでしょう。


でも、勇気を出して断ることは本当に大切なことです。

例え相手がどんな人であっても、理不尽な要求を受け入れる必要はありません。

はっきり断っていいんです。

そして、断ることに罪悪感を持つ必要もない。

もっと自分を優先しましょう。


自分をけなさない

 自分に向かって自分のことを話すときは、常にプラスの言葉を使おう。自己批判に陥っているときは、それがどのような理由であれ、すぐにそれをやめよう。人間は完璧ではない。だったら、それを問題視して何の役に立つだろうか。

(途中省略)

 あなたにまったく責任がなくても、あなたを責めてくる人は世の中にいくらでもいる。だったら、あなたまでいっしょになってあなたを責める必要はない。 


僕もそうだったんですが、自分を責めるのが癖になっている人がいます。

自分責めを繰り返していると自信がなくなるし、何もいいことないです。

謙虚であることと自分を責めることは違います。

周りに自分を大きく見せる必要はありませんが、自分を責める必要もない。

自分は完ぺきではないけど、間違いなく素晴らしい存在です。

僕はそう思えるようになってとても楽になったし、周りに感謝できるようにもなりました。


自分は幸せになれると信じる

 あなたは自分の生活の質、仕事、人間関係、家庭環境について満足しているだろうか。もし不満があって、それを変えたいと思っているのなら、だいじょうぶ。必ずできる。

(途中省略)
 
 では、人生を好転させるにはどうすればいいのだろうか。それは自尊心を高めることに意識を集中することだ。そうすれば、幸せになろうという思いが強くなる。 


幸せになれるわけないと思っているうちは、幸せにはなれません。

自分が思う現実が目の前に現れるからです。

まずは幸せになれると信じましょう。

そして自尊心を高めることに取り組みましょう。

自分を大切に思えるようになると人生が変わります。


あんなに自分が嫌いだった僕でも、自分を大切にすることができるようになりました。

あなたがまずやるべきことは自尊心を高めることです。

何か特別なことができるようになることではありません。


他人からどう評価されようと気にしない

 あなたに対する他人の評価は、その大部分が不正確だということを念頭に置いておくといい。他人の評価があなたの生活に深刻な影響を与えるのでないかぎり、他人があなたをどう評価しようと、気にかける必要はない。 


これは自由に生きるためには絶対に必要な考え方ですね。

他人の評価を気にして生きるのは、他人の人生を生きていることと同じです。

人の数だけ評価の基準があり、その全てを満たすことなんてありえない。

そして、自分がその日の気分によってやりたいことが変わるように、他人の評価も日々変わるのです。

そんなものにとらわれる必要はありません。

他人の評価を気にせず、自分がやりたいと思ったことをやりましょう!


まとめ

自尊心を高めることは、今後も継続して取り組むべきテーマだと思っています。

今まで自分のことがきらいで、自分を責めてきた人はそれが癖になっている。

考え方を変えていくにはそれなりに時間が必要でしょう。

でも、自尊心を高めると決意して取り組めば、必ず自分を大切にできるようになります。

そしたら人生は変わります。


本書には自尊心を高めるヒントがたくさん書かれています。

僕はずいぶん前に買ったのですが、今でも時々読み返すようにしています。

自分を大切にするために何度でも読み返したい本です。

ぜひ読んでみてください。



以上、カツシ(@katsushio1603)でした!


この本の詳細はこちらからどうそ!