かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

【書評】サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

IMG_20160125_162034 (1)

 サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法


プロブロガー、立花岳志さん(公式ブログ:No Second Life)の本です。

立花さんは17年間のサラリーマン生活を経て、プロブロガーとして独立。

この本の中で、自らを「臆病者だった」と評しています。

そんな彼が、どうやって好きなことだけして食っていける生活を手に入れたのか。

そのためにどんな決意をし、何に取り組んできたのか。

今回は、僕が印象に残ったポイントを5つ紹介します。

 

 

ドリームキラーとは付き合う必要はない。

自分を高めようとする人間を引きずり下ろそうとする人のことを、「ドリームキラー」と呼びます。「夢を殺す人」です。

このドリームキラーに関わると、自分の熱い思いに冷や水を浴びせられてしまいます。彼らは冷静であり客観的であり、時には親切ですらありますが、あなたが夢を叶える邪魔をするのです。


 
このドリームキラー、僕の場合は会社の上司でした。

「お子さんまだ小さいじゃないか。」「今ならなかったことにしてやる。」「悪いことは言わない。やめておけ。」と、約1ヶ月言われ続けました。

でも、妻が僕の考えに賛同し、応援してくれたおかげで意思を貫くことができました。

ドリームキラーが現れるのは、自分の意思を試されているのかもしれないですね。


 

自分を縛りつけるグループから離れる。

その友だちと会わなければできることが山のようにある、という事実をもう一度思い出してみてください。

友達と行動しているときに、誰かがお茶してから帰ろうと言います。でも、あなたは家に帰ってやりたいことがあるとしましょう。

そのとき、あなたはどのような行動をとるでしょうか。「今日はやめておくよ」と一言言えばいいのです。そして自分がやりたいことをやればいいのです。


 
僕もそうだったのですが、断ることが苦手でした。

周りとの関係を大切にすることは、悪いことではありません。

でも、もっと自分のやりたいことを優先してもいいと思います。

やりたいことをあきらめてまで、他人に合わせる必要はないですし、それで文句を言われるようなら、そんな人とは付き合う必要はない。

ほんの少しの勇気で、自分の時間を取り戻せるんですね。


 

仕事をつまらなくしているのは結局、自分なんだ。

もしあなたが、今の仕事に不満を感じていて、独立して仕事がしたいと願っているならば、今の仕事から学べることは最大限に吸収し尽くす必要があります。

会社勤めのすべての時間は、あなたにとって何より貴重な「勉強」と「経験」の時間になるのです。


 
ここを読んで、自分の会社員時代の過ごし方をとても後悔しました。

僕は色々な偶然が重なり、短期間で会社を辞める決断をしたので、こういう考えは全くありませんでした。

会社員なら、給料をもらいながら色々な仕事にチャレンジできます。

ブラックな環境で無理に働き続ける必要はありませんが、意識を変えると今の仕事から学べることは多いはずです。


 

やりたいことがあるなら、やらないことも決めなさい。

何か新しいことを始めようと決心する人は多いと思います。

でも、何か新しく「しないこと」を決めて行動する人は、意外と少ないのです。

「しないこと」を決めることは、自分の生き方を大きく左右します。何かを「する」と決めたときには、必ずセットで「しないこと」も決めるのです。


 
これも僕に当てはまり、とても納得した部分です。

1日は24時間しかなく、睡眠時間を除くと活動できる時間は本当に限られます。

その中で新しく何かを始めるなら、しないことを決めないと必ず無理が出ますよね。

特に何でも起用にこなせる人ほど、意識する必要があると感じました。


 

夢は紙に書きだすほど、けっこう手に入る。

やりたいこと、なりたい自分、行きたい場所、会いたい人を、どんどん口に出してください。口に出すだけでなく、どんどん紙に書き出してください。

(中略)

なかでも一番いいのは、書き出した「夢」を音読することです。

なぜそんなことをするのかというと、夢は、語ること、書き出すことで、実現に向かって動き出すからなのです。


 
不思議ですが、その通りだと納得できます。

僕はやりたいこと、やりたくないことをリストにして、スマホで見ていました。

書き出したことはかなり実現しています。

 

でも音読まではやっていなかったので早速試してみます。

叶うかどうか楽しみです。


 

まとめ

いかがでしたか。

紹介した以外にも、立花さんの考え方や実践してきたことがたくさん書かれていました。

好きなことをして生きていきたいけど、どうしたらいいかわからないという方におすすめです。

サラリーマンだけでなく、フリーランスの方が読んでも参考になることが多いはず。

ぜひ、読んでみてください!

 

この本の詳細はこちらからどうぞ!