かつにっき

Webライター&勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

朝スッキリ目覚めるために僕がやっていること

スポンサーリンク

-shared-img-thumb-20130427-P4270358_TP_V

朝スッキリ目覚めることができていますか?

以前の僕は朝が苦手で、会社員時代はいつもギリギリまで寝ていました。

目覚めがいいと、その日1日の気持ちが全然違います。

色々なことを試し、今ではスッキリ目覚めることが多くなりました。

今回は、朝スッキリ目覚めるために僕がやっていることを5つ紹介します。

 

1.夕食を軽めにする


今の僕は、午後~夜9時が仕事の時間です。

そのため、夕食を自宅で食べると、満腹の状態で眠りにつくことになります。

翌朝は、まだ胃に食べ物が残っている状態で気持ち悪いのです。

そこで、夕食を軽めにすることにしました。

白米は食べず、おかゆ、みそ汁などです。

寝る時には空腹感を感じるぐらい。

すると、翌朝の目覚めが全然違います。

これにはびっくりしました。

今までの僕は、夕食は食べないといけないと思っていました。

でも、夕食を食べていたから起きられなかったんです。

 

以下は船瀬俊介さんの本、やってみました!1日1食より
一日一食になった今では、夜10時、遅くとも11時には布団に入る。すると、アッという間に熟睡。3~4時にはパッと目が覚める。睡眠時間も4~5時間で十分です。





2.寝る前にスマホを見ない


-shared-img-thumb-PAK88_denwadaboo15155554_TP_V

寝る前にスマホを見ると、寝つきが悪くなります。

スマホから出る「ブルーライト」が、体内時計を狂わすからです。

ご存知の方は多いでしょう。

でもなかなかやめられない。

おすすめは、電源を切ってしまうこと。

僕は夕飯を済ませて、風呂に入るタイミングで切ってしまうことが多いです。

寝る前に見るのと見ないのとでは、目覚めが全然違います。

誘惑に負けて、寝る直前まで見てしまった次の日はなかなか起きられません。

(参考:睡眠への影響(ブルーライト協会)

 


3.寝具にこだわる


寝具にこだわるようになってから、寝つきが良くなりました。

なかなか自分に合う枕がなく、首が痛くて目が覚めることが多かったです。

悩んでいた時にたまたまTVでみたのが、山田朱織枕研究所の整形外科枕でした。

計測に行くのは面倒でしたが、作ってよかったです。

あんなに悩んでいた首の痛みがなくなりました。

購入後のフォローも素晴らしく、色々な相談に乗っていただけます。

今は、こちらから教えていただいた敷布団も使っています。

枕が合わずに悩んでいる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

(参考:山田主織枕研究所HP



2.山田朱織枕研究所 スペシャルチケット(整形外科枕スペシャルチケット)カウンセリング・計測を…

2.山田朱織枕研究所 スペシャルチケット(整形外科枕スペシャルチケット)カウンセリング・計測を…
価格:39,800円(税込、送料込)




4.翌朝の予定を決めておく

-shared-img-thumb-YUK_cafehitoyasumi_TP_V

前の日に翌朝の予定を決めておくと、目覚めがいい日が多いです。

特にその予定が好きなこと、やりたいことだと最高です。

僕の場合は、スタバに行って読書すること。

「毎日スタバに9時に行く」と決めてから、7時に起きられるようになりました。

 

5.起きたら朝日を浴びる

-shared-img-thumb-20130427-P4270358_TP_V

 

朝起きたら、ベランダに出て朝日を浴びるようにしています。

寝る前にスマホを見ると目が覚めてしまうのと同じで、朝に光を浴びるとスッキリします。

朝は空気が澄んでいるので、外に出ると気持ちがいいです。

朝日を浴びることによって体内時計がリセットされ、毎朝同じ時間に目が覚めるようになります。

時間は1~2分で十分です。

 

まとめ

いかがでしたか。

朝スッキリと目覚めるには、前日の過ごし方が大切だと実感しています。

僕も毎日実践できているわけではありませんが、睡眠への悩みはなくなりました。

これならできると思ったものがあれば、ぜひ試してみてください。

 

睡眠について、おすすめの本はこちら