読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつにっき

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西 勝士のブログ。自分を勇気づけ、自分を好きになれば人生は変わる!

【書評】一生お金に困らない生き方

IMG_20160115_100216

一生お金に困らない生き方

心理カウンセラー、心屋仁之助さんの本です。

タイトルを見て、すぐに購入しました。

縛られない生き方をするには、お金に向き合う必要があります。

この本を読んで印象に残った内容を5つ、紹介していきます。

 

 

1.お金に対する「あり方」を変える

金持ちになる本を読んでも、お金持ちになれない。どうしてか。それはお金持ちになる「やり方」ばかり学んでいるからです。「やり方」をいくら学んでも、お金持ちにはなれません。なぜなら「あり方」が間違っているから。本当は「やり方」ではなく、「あり方」を変えなくてはいけないんです。

 

あり方とは、物事の前提だと心屋さんはおっしゃっています。

お金持ちになるためのノウハウより、お金に対する「あり方」を変える。

自分のお金に対するあり方(前提)が、「お金はある」「お金はすばらしいもの」なのか「お金はない」「お金は汚いもの」なのかそれによって、現実が変わる。

お金に困らないようにするために、僕らはお金を増やす方法をまず考えがちです。

でも、お金に対するあり方、前提、考え方を変えるのが、まず先なんですね。

 

2.お金は「ある」ことに気づく

お金はある。豊かさはある。ためなくても回ってくる。そう信じてみてください。あなたのお金に対する「あり方」「大前提」を変えるのです。そうすれば、お金はちゃんと回ってきます。空気と同じように。


 「お金はためないとなくなってしまう。」が、僕のあり方でした。

お金=空気と言われても、どこか納得できないところも正直あります。

でも、「ある」と思ってみると、確かに生活するには十分なお金(豊かさ)はあるんです。

僕は心屋さんを信じて、自分の「あり方」「大前提」を変えることにチャレンジします。

 

3.「自分は豊かさを受け取れる存在である」と認める 

「自分は豊かさを受け取れる存在である」と気づくこと。自分を認めること。受け取っていいんだと、自分を許すことです。お金が死ぬほどたくさんあっても、自分で自分を認めていない人は、罪悪感があるのでお金が使えません。


フリーランスになった当初、お金をもらうことにものすごく抵抗がありました。

おそらく、自分自身や自分が提供するサービスに自信がなかったからだと思います。

「自分には価値がある。自分はもらってもいいんだ。」と決めて、無料サービスをやめたり、値上げを実行したら、人が集まるようになり、売上も上がりました。

僕はこの考え方を知って、物をもらったり、助けてもらうことへの抵抗もなくなりました。

「悪いなあ。」よりも、感謝の気持ちが先に出てくるようになりました。

自分が何かしてあげたら、相手には「ありがとう!」って受け取ってほしいですもんね。

 

4.ほしいものだけを受け取らない 

都合のいいほうだけ、ほしいものだけほしがっても、豊かさは手に入りません。お金が手に入らないのは、そうやって捨てているから。いいほうだけを受け取ろうとするから。ほしくないものを受け取っていないからです。


 物事には表と裏があります。

有名になりたければ、世間から叩かれることを受け入れる必要がある。

自由になりたければ、ひとりでいることを受け入れる必要がある。

仕事がほしければ、忙しさを受け入れる必要がある。

お金も一緒ですよね。

都合の悪いことも受け入れる覚悟が、お金が入る「あり方」なんですね。

 

5.豊かさを受け取ったら、出す。

豊かさを受け取ったら、ちゃんと出しましょう。出さないと、次が入ってきません。「金は天下の回りもの」と言われますよね。お金も、豊かさも、愛も、空気も、水も、エネルギーも、みんな入ってきたら、ちゃんと出す。循環させなければ、自分のところに入ってこなくなります。


これを実践するには勇気、覚悟が必要ですね。

自分には「ない」「入ってこない」と思っているうちは、

なかなか難しい。

でも、この「あり方」なら、お金への執着がなくなって、心穏やかに過ごせそうです。

自分がやりたいこと、好きなこと、必要なものには、気持ちよくお金を使う。

僕はこれを実践していきたいです。

 

まとめ

いかがでしたか。

お金を増やすノウハウ本ではなく、お金に対する「あり方」を見直す本でした。

紹介した内容以外にも、考えさせられた内容はたくさんありました。

僕は資産運用に取り組んでいることもあり、ノウハウに走りがちです。

僕と同じような方や、常にお金について考えてしまう方に読んでほしい本です。

定期的に見直したいので、これはずっと取っておくことにします。

 

この本の詳細はこちらからどうぞ!