かつにっき

Webライター&勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

みんなちがって、みんないい

スポンサーリンク

こんにちは。

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

もっと文章力をつけたいと思い

「うまく」「はやく」書ける文章術』という

文章術の本を読んでいました。

 

 

すごくわかりやすくて

文章を書く機会のある人に

すごくおすすめの本です。

 

 

本書の例文の中に

これはいい!

と思った文章があったので紹介します。 

 

母親から「あんたは勉強ができないダメな子だ」と言われて育った私は、金子みすゞさんの詩『私と小鳥と鈴と』のなかに出てくる一節「みんなちがって、みんないい」に救われました。あの歌を読んだときに、はじめて「自分は生きていていいんだ」と思えたのです。気づくと私は号泣していました。

 

※『「うまく」「はやく」書ける文章術』より引用

 

 

 

金子みすゞさんの

「みんなちがって、みんないい」

 

ぼくの大好きな言葉^^

 

 

 

ありのままの自分を受け入れる

自己受容とは

 

自分だけじゃなくて

他人も受け入れることなんです。

 

 

 

自己否定してしまう人は

 

「~するべき」という

自分の正しさで

 

自分だけじゃなく

そんなことしちゃダメだろ!

他人をも否定してしまいがち。

 

 

 

なので

自己否定をやめるために

 

 

まずは

他人を否定するのをやめる

 

他人の言動・行動を見て

心がザワザワしても

あれでもいいんだと思ってみる。

 

 

こんな方法もあります。

 

 

 

自分や他人を否定したくなったら

 

「みんなちがって、みんないい」

 

この言葉を思い出してください。

口に出して言ってみてください。

 

 

楽になりますよ^^