かつにっき

Webライター&勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

すべての結婚は、国際結婚である:【おすすめ本】男と女のアドラー心理学

スポンサーリンク

こんにちは。

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

今回はおすすめ本の紹介です。

 

 

ぼくがアドラー心理学を学んでいる

ヒューマン・ギルドの代表

岩井俊憲先生の最新作

 

男と女のアドラー心理学」です。

 

 

 

  

アドラー心理学では

人生の中で直面する課題を

ライフタスクと呼びます。

 

 

ライフタスクのひとつである

愛のタスク

 

夫婦など家族関係の課題であり

関係が濃い分

こじれると修復がむずかしいのが特徴。

 

 

 

タイトルからわかる通り

恋愛、結婚、セックスなどの

愛のタスクが本書のテーマです。

 

 

 

もし、あなたが

 

  • パートナーとうまくいかない
  • パートナーの行動、言動が理解できない
  • 恋愛や結婚に踏み出せない

 

こんな悩みを抱えているなら

本書は必読です!

 

 

 

具体的なケースから

パートナーを理解するための

考え方や対応方法を

提示してくれています。

 

 

 

思わず笑ってしまうような

内容もありますが、

(先生の餃子の食べ方などw)

 

心が温かくなる

感動的な物語もあり、

 

…これは泣けます。 

 

 

 

印象に残ったところを

1つ紹介しますね。

 

 

私たちは同じ日本人。顔や見た目も似てるから、何も言わなくても思いを分かり合えるだろう、というのはとんでもない誤解です。ましてや、男と女は、別の生き物。ともに暮らす夫婦とはいえ、元々は全然違う人種なのです。時差もあれば、言語も違う、そもそも文化が違う。私が思うに、「すべての結婚は、国際結婚である」とパートナー間でとらえたほうが、うまくいくのではないでしょうか。

※P118より引用

 

 

ぼくは結婚して10年目ですが

自身を振り返っても

確かに国際結婚だったと感じます(笑)

 

 

 

愛のタスクは

難しい課題ではあるけれども

 

きちんと向かい合えば

きっと乗り越えられるし

心からの幸せを感じられるはず。

 

 

 

本書を読めば

もっともっと多くの人が

恋愛・結婚に希望が持てる。

 

愛のタスクに立ち向かう

勇気をもらえる。

 

そして、幸せになれる。 

 

 

 

そう思わずにはいられない

素晴らしい本でした^^

 

超おすすめです!