かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

自分の葬式を想像してみる

こんにちは。

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

 

 

先日 

身内に不幸があり

告別式に参列しました。

  

  

表現が適切なのか

よくわかりませんが

本当にいい式でした。

 

 

 

生前は大変お世話になり

素晴らしい方だと

思っていましたが

 

あらためて

多くの方に慕われていたこと

ご家族を大事にされていたのが

よくわかりました。

 

 

 

一通り終わって

親戚で集まって

話をしていたときも

 

別れを惜しむとともに

故人への感謝の言葉が

たくさんありましたね。

 

 

 

 

一夜明けてから

ふと

 

自分のお葬式は

どんな式だったらいいかなあ

と考えました。

 

 

 

ぼくは多くの人に

参列してもらわなくてもいいけど

 

妻と息子をはじめ

自分の家族や身近な友人には

ぼくとの別れを惜しみ

悲しんでほしい。

 

 

それと同時に

ぼくと出会ってよかったと

思ってほしいですね。

 

 

 

じゃあ、そのために

ぼくにできることは何だろう?

 

 

 

これも考えたんですが、

 

 

相手を尊敬・信頼し、

一緒にいる時間を大切にする。

 

 

もう、これしかない

と思いました。

 

 

 

今、当たり前のように

過ごしている時間は

決して当たり前じゃない。

 

 

 

大切な人と一緒にいる時間を

少しでも多く楽しみ

大事にしていきたいなあと

思いました。