かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

なぜ自分を好きになれば人生は変わるのか

こんにちは。

大西 勝士(@katsushio1603)です。

  

今日は

なぜ、自分を好きになれば人生は変わるのか

についてお伝えします。

  

  • 自分を嫌いな人生
  • 自分を好きな人生

 

ぼくは両方経験していますが、

この2つは全く違います。

 

自分を好きになっても

「事実」は何も変わりません。

 


自分が自分でなくなるわけじゃないし

能力がアップするわけでもない。

急に有名になるわけでもなく

お金持ちにもならない(笑)

 

でも、

自分の見え方というか

自分から見える世界は

今までとは全く違ってきます。

 

 

アドラー心理学には

「認知論」という考え方があります。

聞いたことありますか?

 

人は誰もが

自分だけのメガネ(認知)を通して

物事を見ています。

 

つまり、

同じ事実・出来事でも

捉え方は人それぞれだということです。

 

 

例えば、

大きな失敗をしたときに


「自分はダメだ…」

と自己否定する人もいれば、

「次は成功させるぞー!」

と前向きな人もいるし、

「何とかなるっしょ!」

と妙に軽い人もいる(笑)

 

失敗したという「事実」は同じでも

捉え方は人それぞれなんですよね。

 


これと同じように


いつも自分を責めている人は

「自分はダメ」

というメガネで世界を見ているから、

その証拠がいっぱい入ってきます。


一方、

自分が好きな人は

「自分には価値がある」

というメガネで世界を見ているから

その証拠がいっぱい入ってくる。

 

 

自分を好きになると

「事実」は変わらなくても

自分の見え方が変わる。


だから

自分から見える世界が変わり

人生が変わるんです。

 

 

逆に言えば、

どれだけがんばっても

結果出しても

他人から認められても

お金あっても

 

メガネ(心)が変わらないと

ずっと苦しいし

現実は変わらないんですよね。