かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

疲れているときはロクなことを考えない。体調回復を優先しよう!

こんにちは。

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

今日はGW明けの木曜日。

連休明けで疲れがピークの人もいるかもしれないですね。

基本的に疲れているときはロクなこと考えないし、現実逃避してしまいがち。 

 

そんなときは体調回復を優先しよう!という話です。

  

疲れているときはロクなことを考えない

 

疲れているときは 、その不快な気持ちを何かで補おうとします。

甘いものを食べすぎたり、飲みすぎ、夜更かし、だらだらネットする…。

こんなのは典型的な現実逃避で、不快な現状から逃れようとしています。

 

しかし、これを続けていると…

 

疲れる(不快)→食べすぎ・ネット(逃避)→さらに疲れる→逃避…

 

この悪循環が続きます。

そして、仕事辞めたいな、サボるにはどうしたらいいか…など、ロクなことを考えなくなる(笑)

 

自分の行動の目的に注目する

食べすぎたり、だらだらネットしているとき、自分でもやめたいと思いませんか?

でも、やめたいけどやめられない…。

そんなときは、自分の行動の目的に注目してみるのがおすすめです。

 

アドラー心理学の「目的論」では、人間の行動には目的があると考えます。

疲れているときに食べ過ぎてしまったり、だらだらネットしてしまうのは、疲れている不快な気持ちを解消したいという目的があるかもしれません。

 

疲れや不快な気持ちを解消したいのなら、食べる・ネット以外にも、もっと建設的な方法があります。 

「自分は何がしたいのだろう?」と目的を意識する習慣をつけると、建設的に行動できるようになりますよ。

 

〔アドラー心理学〕目的論:人間の行動には目的がある - かつにっき

 

体調回復を優先しよう!

疲れを感じるときは、とにかく体調回復を優先するのがいいでしょう。

基本的なことですが、まずはしっかり眠ることです。

しっかり眠った翌日は、気持ちも集中力もまるで違います。

 

心穏やかに過ごすには、まずは体調管理です。

心と体はつながっているので、体が元気になれば心も元気になってきます。

最近、ロクなこと考えないなーと気づいたら、基本に戻って生活リズムを整えることを心掛けてみてください。 

 

まとめ

ぼく自身を振り返ってみても、疲れているときはロクなこと考えません。

食べすぎたり、だらだらネットして睡眠不足だったり、生活リズムが乱れています。 

 

こんなときは「心が、考え方が」などと考えるより、さっさと寝てしまったほうが前向きになれます。 

連休明けで疲れている人は早く寝て、体調回復を優先しましょう。

すぐに元気になれますよ^^