かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

何かをするときの判断基準は「楽しい」「やりたい」だけでいい。

こんにちは。

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

 

何かをするときの判断基準は

「楽しい」「やりたい」

だけでいいと思うんです。 

  

 

どうするのが正解か。

どうすれば失敗しないか。

正しいやり方は何か。

どうしたら得するか、損しないか。

 

こればかり考えていると

やりたいことを

行動に移すことができない。

 

 

周りからは

「やめておいたほうがいい」

「ちゃんと考えてるの」

「こうやったほうがいいんじゃないの」

とか言われるし。

 

 

確かに

損得勘定も

アドバイスを聞くことも

大切だと思います。 

 

 

でも、

そこに自分の気持ちはないし、 

周りの人たちは

自分の人生に責任を

とってくれるわけじゃない。 

 

 

 

ぼくがサラリーマンをやめるときは、

「そんなに慌てなくてもいいじゃないか。」

「そんなんじゃ食べていけないよ。」

「まだお子さん小さいんだろう。」

「家族を路頭に迷わせたらどうするんだ。」

と言われました。

 

すごく

こわかったですね(笑)

 

 

実際に独立してみて思うのは

安定して収入を得るのは

本当に難しいなということ。

 

でも、

自分の気持ちに従って

挑戦したことに後悔はないし、

本当によかったと思っています。

 

 

自分の気持ちに素直になり、

「楽しい」「やりたい」

を大事にすると、

結果がどうであれ納得できます。

 

 

 

別に会社をやめることを

勧めているわけではありませんよ。

 

ただ、

何かするときは

正解、損得じゃなく、

周りの意見でもなく、

 

もっと自分の気持ちを

「楽しい」「やりたい」

という思いを

大事にしようという話です。

 

 

自分の人生は自分で決める。

この気持ちは、

一生持ち続けていきたいな。