6割できればOK

自分を責めたくなったら読んでほしい勇気の出るブログ

「ありのままの自分を受け入れる」とは?

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

 

ありのままの自分を受け入れる。

 

自信がない人や

自己否定してしまう人に

よくお伝えする言葉です。

 

でも、

これがそもそもよくわからん

という人もいると思うんですが

いかがでしょうか。

  

 

ぼくが自己否定していた時期に

ありのままの自分を受け入れよう

と言われたら

理解できただろうか…。 

 

こんな考えが浮かんだので

ぼくなりの理解を

書いてみたいと思います。 

 

 

「ありのままの自分を受け入れる」とは 

 

「自分は存在しているだけで価値がある」

思えるようになることだと

ぼくは考えています。

 

 

何かできるから

じゃなくて

 

ただ存在してるだけで

生きているだけで価値があるし

誰かの役に立てていて

貢献できている

 

そう心から思えている状態。

 

これが

「ありのままの自分を受け入れる」

だとぼくは思っています。

 

 

そんなわけない?

 

では、

あなたの大切な人を

イメージしてください。

 

 

たとえば、自分のこども。

その子がケガや病気で苦しんでいたとしたら

ただただ元気になってほしい

元気でいてくれればそれでいいと

親なら思うのではないでしょうか。

 

そこには

何かできたら、とか

これをしてくれるから、

などの条件は一切なく

ただ一緒にいてほしい

という気持ちしかない。

 

あなたの子どもは

ただ存在しているだけで

あなたに力を与えてくれている。

 

 

そして、これは

子どもに限ったことではなく

あなたも

ただ存在しているだけで

誰かに力を与えているんです。

 

自分の子どものように

近い存在でなくても

あなたと少し言葉を交わすだけで

あなたの顔を見るだけで

元気をもらえる人が

たくさんいます。

 

 

理想の自分

できる自分を

目指すのもいいけど

 

それは

「自分は存在しているだけで価値がある」と

思えるようになってから

 

ありのままの自分を受け入れられるように

なってからでも

遅くないと思いますよー。

 

 

 

よかったら参考にしてください。

それでは、また!