6割できればOK

自分を責めたくなったら読んでほしい勇気の出るブログ

自分の「心地よい」感覚を大切にする

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

 

やりたくないことはやめよう。

やりたいことをやろう。

ときめくものだけ残そう。

いらないものは捨てよう。 

  

よく耳にするフレーズだし

ぼくもかなり意識していることです。

 

でも、

これがよくわからない

という人もいると思うんですよね。 

 

 

そんな人におすすめなのが

自分の「心地よい」感覚を大切にすること。 

 

自分にとって「心地よい」と感じる

  • 空間を作る
  • 時間を作る
  • 人付き合いをする
  • 食べ物を食べる
  • ものを所有する 
  • 仕事をする 
  • ことをする
  • こと(モノ)にお金を使う

  

他人がどう思うかは関係ない。

 

だから

  • 散らかっていてもいい
  • 忙しくても(暇でも)いい
  • 友達少なくてもいい
  • 何食べてもいい
  • 何持っていてもいい
  • どんな仕事をしてもいい
  • 何をしてもいい
  • 何にお金使ってもいい

 

全部、自分の「心地よさ」で 

判断してみましょう!

 

 

やる、やらない

捨てる、捨てない

やめる、やめない

正しい、間違い 

得する、損する

 

こうやって

どちらか選ぶのが苦手な人は

何が自分にとって

「心地よい」と感じるのか。

 

この基準で選ぶと

いいと思いますよ〜。

 

 

よかったら参考にしてください。

それでは、また!