かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

自己否定にも目的がある。

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

 

ぼくはずっと

自分に自信がない

自分なんてダメ

と自分を責めていました。 

  

何とかこの苦しさから

逃れることはできないかと

いつも考えていました。 

 

 

なんであんなに悩んでいたのか

今ではわからないんですが、

当時はかなり切実でした。 

 

今振り返って思うのは

苦しいし、つらかったけど

当時のぼくには

必要な行動だったということ。

 

 

 

  

自己否定は確かにつらい

でも、否定していれば

変わらなくてもいい。

本当にやりたいことに

挑戦しなくて済む。

 

うまくいかないことがあると

自分はダメだから

自分に自信がないから

と逃げることもできる。

 

 

アドラー心理学を学ぶようになって

自己否定は

当時のぼくには必要だったと

腑に落ちました。

 

 

今苦しんでいる人には

そんなことはない!

と言われるかもしれない。

 

でも、

これに気づけたら

もっと早く

自己否定をやめられたと思うんです。

 

 

あなたが

自分を否定する目的は

何ですか?

 

 

よかったら参考にしてください。

それでは、また!