6割できればOK

自分を責めたくなったら読んでほしい勇気の出るブログ

違和感は新しいことに挑戦している証拠だ!

こんにちは!

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

先週一週間、ブログ更新をストップして、ブログの修正(色、カテゴリー、ヘッダー画像など)やカウンセリング開始の準備をしていました。

肩書も「アドラー心理学 勇気づけカウンセラー」に変更。

もう、違和感が半端ない(苦笑)

  

でも、この違和感は新しいことに挑戦している証拠です。

 

キャプテンや級長をやることになったときの「自分でいいのかな?」という感覚。

前職で管理職に昇進したとき、「大西課長!」と呼ばれたときの違和感。

学習塾を開業して初めて「先生!」と呼ばれたときの、あの何とも言えない恥ずかしい気持ち(笑)

 

やりたいことがあっても踏み出せない理由はここにある。

違和感を感じて、恥ずかしい思いをするぐらいなら今のままでいい。 

人は変化を恐れる生き物ですからね。

 

でも、やりたいことをやろうと思ったら、この違和感を乗り越える勇気が必要です。

ぼくもカウンセラーと名乗ること、アドラー心理学の講座を開催することに、今は半端なく違和感を感じています。

でも、ずーっとやってみたいと思っていたことだから、違和感を感じながらも突き進むことに決めました。

 

 

恥ずかしいから、違和感があるから、やりたいことあきらめますか?

それとも、恥ずかしさや違和感を感じながらも突き進みますか?

 

どちらを選ぶか、自分で決めることができます。 

そして、どちらを選んでも間違いじゃない。

自分が納得できるかどうかです。 

 

 

よかったら参考にしてくださいね。

それでは、また!