読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつにっき

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西 勝士のブログ。自分を勇気づけ、自分を好きになれば人生は変わる!

気になるものは、とりあえずやってみよう!

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

最近、今までやってきたことを振り返る機会がありました。

 

 

ぼくは「やりたい!」と思ったら、とりあえずやってみるようにしています。

うまくいかなかったこと、すぐやめちゃったこともありますが、様々な経験が今の仕事、生活につながっていると実感しています。

 

今回は「気になるものは、とりあえずやってみよう!」について、書いてみます。 

 

仕事が長続きしなかったから独立できた。

ぼくは転職を3回経験しています。

食品メーカー(営業、事務)、会計事務所、科学機器商社(経理)、学習塾(独立)。

まったく一貫性がない(笑)

 

前は仕事が長続きしない自分はダメだと思っていました。

でも、いろんな業種、職種の仕事を経験したから独立できたと今は思えます。

売ること、一般事務、お金周り…個人商売に必要なことは一通り経験してきました。

 

アップル創業者のスティーブ・ジョブス氏は、「コネクティング・ザ・ドッツ」(=点と点をつなげる) という言葉を使って、このように説明しています。

最初は何の関係もないように思えたバラバラの点(様々な経験)が、将来つながって線となり面となる。

(参考)自分の時間を取り戻そう:ちきりん著

 

深く考えていませんでしたが、ぼくの場合もバラバラの点(様々な経験)が今の仕事につながっているんですよね。

 

失敗はない。向いていないとわかるのも収穫。

 

自身の経験から「やりたい!」と思ったものは、「とりあえずやってみよう!」と考えるようになりました。

転職、独立のような大きいことじゃなくていいんです。

食べ物、本、映画、遊び、勉強、旅行、健康法、ブログ…。

気になるものは、とりあえずやってみましょう!

 

ぼくがこの1年で新たにやったことは、ブログ、Twitterアドラー心理学の勉強、新聞の再購読、グルテンフリー生活、甘酒・ヨーグルトの手作り… 。

これらが1年後続いているかわかりませんが(笑)、向いていないとわかるのも収穫。

 

あの堀江貴文さんも「ノリの良さ」を大切にされているそうです。

気になるものは片っ端から手を出すことで、人生が最適化されていくのではないでしょか。

 

直感を大切にしよう!

ぼくは直感を大切にしています。

「なぜか気になる」という感覚です。

心が「自分に必要なものだ」と教えてくれていると思うようにしています。 

 

学習塾、ブログ、アドラー心理学グルテンフリー…。

他の人は何も感じないのに、なぜか自分はすごく気になった。

あまり深く考えず、「とりあえずやってみよう!」と始めたら、今では生活に欠かせないものになりつつあります。

 

損得ではなく、「やりたい!」を大切にする。

これが人生を好転させる一つの方法だとぼくは思います。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は「気になるものは、とりあえずやってみよう!」という提案でした。

 

やりたいと思うことはあるけど、なかなか始められない人もいるでしょう。

でも、「やりたい!」という気持ちを大事にして、少しでもいいからやってみませんか。

うまくいかなかったとしても、その経験自体が収穫です。

「ノリの良さ」を大切にし、軽い気持ちでやってみましょう!

思ってもみなかった、おもしろいことが起こるかもしれませんよ。 

 

よかったら参考にしてください。

それでは、また!