かつにっき

自由を愛するWebライター 大西勝士のブログ

やると決めたことを無理なく継続するコツ

スポンサーリンク

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

早起き、運動、勉強、読書、ブログ…今年こそやると決めた!

でも、結局続けられなくて挫折。

誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

もちろん、ぼくにもたくさんあります(笑)

 

 でも、ぼくは自分でやると決めたことはある程度継続できることが多いです。

このブログも1年以上続いているし、最近始めたグルテンフリー生活も継続中!

税理士試験勉強は強制力のない通信講座で3年間続けました。

 

今回は、自身の経験から『やると決めたことを無理なく継続するコツ』について書いてみます。 

 

継続するには『ゆるさ』が必要

最初はストイックにやるのも必要だとは思うんです。

ぼくもこのブログを始めた当初は、3ヶ月間毎日更新しました。

でも、長く続けたいなら『ゆるさ』も必要です。

 

せっかく続けられたのに、1回サボったぐらいでやめてしまうのはもったいない!

またやればいいだけですからね。 

 

ぼくの場合、ブログは毎日更新から平日更新(土日祝は更新しない)にゆるめました。

最近始めたグルテンフリー(小麦を食べない)生活も、パンと麺類だけは食べないようにしているだけ。(キッチリやると、調味料までチェックする必要あり。)

 

ストイックになりすぎず、『ここまではやらなくてOK』というラインを決めておくとラクに続けられますよ。

 

ラクに続けられる『仕組み』を作る

やると決めたことを継続するには『ゆるさ』の他に、『仕組み』を作ることも大切です。

『仕組み』とは、あれこれ考えなくてもやれる環境を作ること。

そのためにぼくが意識しているのがこの2つです。

  • 同じ時間にやる
  • 面倒なことはやらない

 

『同じ時間にやる』のは習慣化しやすいから。

ぼくは本業の学習塾が午後からなので、ブログは午前中に書くと決めています。

以前は「〜時までに書く!」と決めたこともありましたが、今は「午前中に更新できればOK」ぐらいに思ってますね。 

朝食を食べたらPCを開いてブログを書くのが当たり前になっており、書かないと気持ち悪いぐらい習慣化できています。

 

『面倒なことはやらない』は、できる限り手間なく、時間をかけないことを意識しています。

続けているグルテンフリー生活では、今まで朝食で食べていたパンの代わりに何を食べるかが重要でした。

そこで、米粉パンケーキを作ってみたんですが、これがなかなかおいしい!

でも、毎日焼くのはめんどくさすぎる…。

どうにかならないか調べると、パンケーキを冷凍しておくとラクだという記事をネットで見つけたのです。

まとめて焼いておけばレンジで温めるだけなので、パンを焼くよりも準備がラクになりました。

 

ちょっと工夫したり、少しお金を出して良い道具を使うことで 、ラクに続けられる『仕組み』を作ることができます。

 

続けられないのは『今の自分には必要ないから』

ゆるく続けたり、仕組みを作ろうとしても、なかなか続けられないこともあるでしょう。

特に真面目な人は、続けられない自分を責めてしまうこともあります。

でも、自分を責める必要はありません。

 

誰から強制されたわけでもないのに、何かやろうと思って行動しただけでも素晴らしいことじゃないですか!

続けられなかったからといって、落ち込む必要はまったくない。

ぼくは、自分でやると決めたことが続かなかったときは『今の自分には必要なかった』と考えるようにしています。

 

このブログの前に、別のブログを少しだけ書いてみたことがあります。

でも、全然続きませんでした(笑)

何かを始めるにも、きっと人それぞれの時期があるんでしょうね。 

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は『やると決めたことを無理なく継続するコツ』について書いてみました。

ぼくが意識しているのは、『ゆるさ』と『仕組みを作ること』です。

そして、続けられないときは『自分には必要ない』と開き直るようにしています。

 

もちろん、最初はストイックにやることも必要でしょう。

しかし、それだと限界が来ます。

長く続けようと思ったら、いかにラクに続けられるかを考える必要があるのではないでしょうか。

 

よかったら参考にしてみてください。

それでは、また!