6割できればOK

自分を責めたくなったら読んでほしい勇気の出るブログ

累計販売数50,000個を突破!成田ゆめ牧場の「過激な牛乳食パン」を食べてみた!

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

成田ゆめ牧場の「過激な牛乳食パン」をいただきました。

トーストして食べたらめちゃくちゃおいしかった!

 

ヤフーうまいもの王者決定戦のパン部門で5期連続グランプリを獲得し、累計販売数50,000個を突破した超人気商品。

「水を使わず、牧場牛乳のみで焼き上げる」がコンセプトで、添加物も不使用。

日本屈指のパン工房「マルシャン」に依頼して焼いてもらっているようです。

 

では、紹介します!

  

過激な牛乳食パン(成田ゆめ牧場

▲冷凍で届きます。

 

▲賞味期限は冷凍で約1年。

「解凍後は3日以内にお召し上がりください」と書かれていました。

添加物は入っていないようですね。

 

▲食べ方が紹介されています。

そのままトーストもいいけど、アイスのせもいいなあ〜。

 

▲厚切りで切ってみました。

自然解凍の状態では「ずっしり」という感じ。

焼いたらふんわりするんだろうか。

 

▲テレビでおいしいパンの焼き方が紹介されていたので、魚焼きグリルで焼いてみました。

片面1分、裏返して30秒が目安のようですが、そこはお好みで。

 

 

▲焼きあげると一気に牛乳の甘い香りが。

バターをたっぷり塗っていただきます。

おいしそう〜。

 

▲トーストするともっちり、ふんわり。

牛乳の甘さが口の中に広がって…、これはおいしい!

バターだけで、パンそのものの味を楽しむのがおすすめ。

ジャムとか塗っちゃうともったいない。

 

▲ちなみにバターは「大内山手造りバター」がおすすめ。

ぼくが子どものころ給食で飲んでいた「大内山牛乳」で作られた絶品バターです。 

   

まとめ

成田ゆめ牧場の「過激な牛乳食パン」めちゃくちゃおいしかった!

牛乳だけで焼きあげるなんて贅沢なパンですね。

朝食でこれ食べられたらすごく幸せな気持ちになるなー。

パン好きな方は一度は食べておきたい商品。

毎日は無理でも、ちょっと贅沢したい日にいかがでしょうか。

よかったら試してみてくださいね。 

 

それでは、また!

  

「過激な牛乳食パン」の詳細はこちらからどうぞ!