かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

もっと楽に生きるための努力をしよう!

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

努力するのは好きですか?

ぼくはあまり好きではありません。

いや、むしろ嫌い(笑)

  

「努力」という言葉を聞くと、我慢、忍耐、苦しさをイメージしてしまうから。

この感覚がわかる人は、きっと努力のやり方を間違えてると思います。

以前のぼくと同じように。

 

苦しい努力じゃなく、もっと楽に生きるための努力をしませんか?

  

楽をするのは悪いことじゃない

楽をすることに罪悪感を持っていませんか?

  • 周りの人はがんばっている
  • 自分は努力が足りない 
  • 楽をしていたら大変なことになる

 

真面目で責任感が強い人ほど、こんな考えを持っています。

ぼくも以前は思ってました。

しかし、このままでは苦しい努力をずっと続けないといけない。

 

楽をするのは悪いことじゃない。

努力しているけど苦しい人は、まず考え方を変えてみましょう。

 

楽をするから成果が出る

周りの人でいつも成果を出している人はどんな人ですか?

ぼくが会社員のときに「この人すごい」と思っていた人たちは、みんな楽しそうに仕事をしていました。

必死さがなくて、いつも余裕。

そして、ここぞという時にはしっかり成果を出すんです。 

今思うと、力の抜きどころがわかっているような気がするんですよね。

 

ぼくが苦しかったときは「全部やらなければ」と思ってました。

うまくいかないのは「努力が足りないからだ」と自分を責めていましたね。

でも、面倒なことは思い切ってやめて、気が乗らないときはサボるようにしたら、仕事もプライベートも以前よりうまくいくようになりました。

 

もっと楽に生きるための努力をしよう!

どうせやるなら、もっと楽に生きるために努力しませんか?

 

ぼくは毎日読書し、ブログを書き、学びたいことがあればセミナーにも参加します。

「やめる、捨てる」を意識し、仕事もプライベートもできるだけ無駄を省き、やることを増やさないようにしていますね。

 

これらは、ぼくにとって今までの努力とは違います。

「どうしたらもっと楽に、自由に生きられるか」を意識しているから。

努力している感覚はなく、楽しいからやっています。

 

もっと楽にいきたいと思うのはすごくいいことです。

苦しい努力をやめ、もっと楽に生きるための努力を始めましょう。

 

まとめ

努力するのは悪いことじゃないと思います。

でも、努力のやり方を間違えてしまうと成果は出ないし、ずっと苦しいままです。

今の生き方が苦しい人は、どうしたらもっと楽に生きられるのかを考えてみましょう。

 

ぼくの場合は「自分をもっと大事にしてもいい」と考え方を変えたことが、楽になるきっかけになりました。

まず考え方を変えることに取り組み、その後にやり方を見直すのがおすすめです。

よかったら試してみてください。

 

それでは、また!