かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

気が乗らない誘いを断るのに予定はいらない。

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

誘われたけど気が乗らないことってありませんか?

行きたくない。でも特に予定ないし…。 

 

いい人ほど、何もないと断れない。

断るときには「家族と出かける予定が…」とか無理やり予定作って(笑)

ぼくも前は必ず作ってました。

 

でも最近は、誘いを断るのに予定はいらないと思うようになりました。

今回は「断ること」について書いてみます。

 

「気が乗らない」で断っていい

誘われたけど、なんか気が乗らない。

これは立派な断る理由です。

いちいち嘘の予定を作る必要はありません。

 

「誘ってくれてありがとう。でも今回はやめとくね。」

こう言って断ればいいのです。

それでも何か言ってくるようなら「気が乗らないから」と言ってしまえばいい。

 

気が乗らないのに行っても楽しめないし、せっかく誘ってくれた相手にも失礼です。

それに、必死に予定があることをアピールするほうが不自然。

感謝の言葉を添えて、簡潔に断りましょう。 

 

もっと自分を優先していい

予定がないと断れない人は、自分より相手を優先してしまっています。

相手を大事にする考え方は素晴らしい。

でも、もっと自分を優先していいと思うんです。 

 

ぼくは色んな人と付き合うよりも、気心知れた人たちとだけ付き合う方が好きです。

そして、ひとりでのんびり過ごす時間も好き。

 

「ひとりでゆっくりしたい」も立派な断る理由。

人間関係で疲れやすい人は、意識して「ひとりの時間」を作ることをおすすめします。

 

いい人やめよう

断れない人には「いい人」が多いです。

やさしくて、周りのことが気遣える人。

でも、自分を殺してまで周りに気を遣う必要ありますか?

それに、いい人過ぎると「あの人は断らないから」と便利に使われるだけ

 

断れなくて苦しいなら、思い切っていい人やめてみましょう!

予定がなくても誘いを断っていいんです。

もっと自分を優先してもいい。

本当に相手を大切にできる人は、自分を大切にできる人です。

 

まとめ

気が乗らない誘いは断る。

ぼくはこれを実行するようになってすごく気が楽になりました。

誘いを断るのに無理やり予定を作る必要はありません。

少し勇気が必要ですが、よかったら試してみてくださいね。

 

それでは、また!

 

参考にした本