かつにっき

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ。自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!

いつも時間がないと感じている人は、あえて「何もしない時間」を作るといいよ。

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

やりたいことがいっぱいあるけど、いつも時間がない…。

こんな悩みを抱えている人におすすめなのが、「何もしない時間」を作ること。

 

ぼくはこの方法で使える時間が劇的にアップしました。

いつも何かしてないと落ち着かないという人は必見です。

  

では紹介します!

 

なぜいつも時間がないのか

ぼくは常に何かやっていないと落ち着かないほうです。

時間できたらお茶飲んでくつろいだり、ぼーっとしてればいいのに、スマホでニュースやSNS見たり、読書したり…。

楽しくてやるというよりは、「何かしてなきゃ!」という気持ちが強いかな。

 

でも、常に頭を使っていると、いざというときに集中できません。

ON/OFFがハッキリせず、「やるぞ!」とスイッチを切り替えられない。

だから、何をやるにも時間がかかるし、思うような成果が出ない。

 

常に何かやろうとすることが、逆にムダな時間を生み出してるんです。

 

何もしない時間を作れ!

使える時間を増やしたかったら、あえて「何もしない時間」を作ることです。

ぼくの場合、寝る直前までスマホ、読書をしていました。

それが睡眠に影響して寝起きが悪く、1日ずっと集中できない状態。

だから、仕事から帰宅して寝るまでの時間は何もしないと決めました。 

 

帰宅したらスマホを電源を切ってカバンにしまう。

夕食を済ませ、風呂に入ったら、ストレッチをしてすぐに寝るようにしました。

そしたら、朝の目覚めが全然違う!

 

朝から頭がスッキリしていて、何をやるにも集中できるんですよね。

ぼくの感覚では、今までより3~4時間ぐらい増えた感じ。

「何もしない時間」が使える時間を生みだしてくれました!

 

その日最初にやることを決めておく

さらにおすすめなのが、その日最初にやることを決めておくこと。

内容だけでなく、何時までに終わらせるのかも決めておきましょう。

 

ぼくの場合はブログ更新。

本業が午後から夜なので、いつも午前中にブログを書いています。

何時に書き終わるかによって、その日の自由時間が変わるんです。

今までは更新が昼近くになり、書いたら慌てて家を出ていました。

 

今は午前10時に書き終えることを目標にしています。

ブログ更新を前倒しできるようになったことで、全体的に余裕が生まれました。

いつもやっていることを前倒しできると、時間も気持ちの余裕もできますよ。

 

まとめ

ぼくがいつも時間がないと感じていたのは、常に何かしていなきゃと思っていたから。

時間を効率的に使っているつもりが、逆に集中力がなくなり、非効率な時間の使い方になっていました。

「何もしない時間」を作る大切さを実感しましたね。

 

今は昼寝の時間も確保するようにしています。

少しでも寝られると午後の集中力がまるで違いますよ。

いつも時間がないと感じている人は、「何もしない時間」を作ることにチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

よかったら参考にしてください。 

それでは、また!