かつにっき

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ。自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!

環境は思いから生まれるものである:〔書評〕原因と結果の法則

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

ぼくが何度も読み返している本の一つが「原因と結果の法則」。

現実を変えたいとき、まずやるべきは「心を変えること」だと気づかせてくれます。 

うまくいかない現実に悩んでいる人にはぜひ読んでもらいたい。

アドラーカウンセラー養成講座で自分の過去を振り返ったときに、これに関しておもしろい気づきもありました。

 

では紹介します!

 

 

どんなときも最適な場所にいる

私たちは、進歩し、進化する生き物であり、どんなときにも自分が学び、成長を遂げるために最適な場所にいます。そして、もし私たちが、ある環境で必要な学習を積んだならば、その環境は間もなく、次の新しい環境に取って代わられることになります。

ぼくたちが今いるところは、どんなときも最適な場所。

望もうと、そうでなかろうと、その場所にいるのは何か意味がある。

自分に必要なことを学び、成長を遂げようとしているんですね。

 

今いる場所が苦しい人もいるでしょう。

「自分はここから何を学ぼうとしているのか」を考えると、今の場所にいる理由が見えてくるかもしれない。

ぼくも自分の過去を振り返ってみると、その場所で必要なことを学び、成長していたんだと気づくことができました。

 

自分の過去を振り返ってわかること

アドラーカウンセラー養成講座で「究極目標を探る」というワークがありました。

周りの方に質問してもらいながら、子どものころから現在まで過去を振り返りました。

動きが見事なまでに一貫していて、本当に驚きましたね。

 これ以上ないタイミングで環境は変わっているし、 場所は変わらなくても立場が変わっていたり…。

 

ぼくは転職3回で、転勤も含めると4回仕事内容が変わっています。

営業→本社事務→会計事務所→経理→独立(学習塾)という流れ。

それぞれの期間は短くても、売ること、事務、お金周り、マネジメントを経験し、ひとりで働くために必要なことを知らないうちに学べていました。

 

「仕事が続かない…」と悩んだこともあったけど、自分には必要な経験だったのです

アドラー心理学を学んでいることは、これらの未来にどうつながっていくんだろう?

 

環境は思いから生まれるものである

自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人たちは、「環境は思いから生まれるものである」ということを熟知しています。なぜならば、すでにかれらは、環境の変化と心の状態の変化が、つねに連動していることに気づいているからです。 

「環境は思いから生まれるものである」は、ぼくが大好きな言葉。

現実を変えたければ、まずやるべきは心(思い)を変えることです。

 

心が変われば環境は自然に変わります。

場所は変わらなくても、自分の見え方や意味はきっと変わる。

ぼくの環境が変わったときは、いつも先に心(思い)が変わっていました。

 

環境、現実を変えたい。

そう思うなら、やり方じゃなくて、心(思い)を変えるのが先です。

 

まとめ

原因と結果の法則」は、もう何度読み返したかわかりません。

「環境は思いから生まれるものである」は大好きな言葉で、いつも意識しています。

うまくいかないときは、いくらやり方を変えても、心が変わらなければ状況が好転することはありません。

うまくいかない現実に苦しんでいる人に超おすすめの一冊。

ぜひ読んでみてください!

 

それでは、また!

 

この本の詳細はこちらからどうぞ!