6割できればOK

自分を責めたくなったら読んでほしい勇気の出るブログ

〔2016年10月家族旅行記④〕黒部ダム観光なら「黒部観光ホテル」に泊まるのがおすすめだよ!

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

昨日に引き続き(というか今週ずっとだけど…)、長野への家族旅行記です!

明日で最終回予定でございます(笑)

 

最終日に黒部ダムに行くために前泊したのが「黒部観光ホテル」。

黒部ダムの玄関口である「扇沢駅」へ、車で約15分の大町温泉郷にあります。

リーズナブルですが、温泉も食事も楽しめて大満足でした。

 

では、紹介します!

 

今回利用したプラン

 

じゃらんnetで『【トロリーバス往復乗車券つき】夕朝バイキング二食付』のプランを利用!

料金は金曜日宿泊で大人13,420円、子ども(幼児)4,860円でした。

この中に黒部ダムへのトロリーバス往復乗車券(2,570円)が含まれているので、実質大人は10,850円!

食事も温泉も楽しめてこれはかなりリーズナブル!

 

部屋(和室)

▲宿泊した部屋は和室。

小さい子がいると布団で寝るほうが何となく安心。

寝相悪いし、ベッドだと落ちないかどうか心配なんですよね(笑)

 

▲用意してくれていた茶菓子としいたけ茶

 

▲冷蔵庫には水を用意してくれていました。

北アルプスの伏流水」おいしい水でしたよ。

 

▲子連れだったからか、こんなのも用意してくれていました。

心づかいがうれしいですね。

 

▲フロントで答えを伝えるとお菓子をくれました。

めっちゃ悩んで、なかなか決められない息子(笑)

それでも笑顔でずっと待ってくれていたスタッフの方のやさしさがうれしかったです。

 

温泉

▲大浴場は1Fにあります。

 

引用:黒部観光ホテルホームページ 

 

▲温泉は露天風呂もあって、なかなかよかったですよ。

 

 ▲温泉のあとはやっぱり牛乳でしょ!

ホテルに牛乳の販売機って意外と見ないのでうれしい。

「松田の牛乳」は低温殺菌のおいしい牛乳でした。

 

食事(バイキング)

夕食バイキング 

大町温泉郷では唯一の夕食バイキング。

この日は「本マグロフェア」をやってましたが、他は地元食材中心でしたね。

おやき、山賊焼、きのこ類や鮎、鱒(ます)の塩焼きなど、信州ならではの食事が楽しめました。

 

朝食バイキング

▲朝食バイキングは和食が中心。

信州だけあって香の物や山菜類、卵などが充実してました。

特にこの鬼おろしやまいもが絶品でしたね!

 

まとめ

黒部観光ホテル」すごくよかったです。

黒部ダム観光にすごく便利な場所だし、食事や温泉も楽しめました。

スタッフの方の対応もやさしくて好印象でしたね。

黒部ダム観光には黒部観光ホテル」がおすすめですよ! 

 

それでは、また!

 

アクセス

 

 

関連記事