読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつにっき

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西 勝士のブログ。自分を勇気づけ、自分を好きになれば人生は変わる!

人から信頼を得るのは聴く力に長けている人:〔書評〕アドラー流一瞬で心をひらく聴き方 by岩井俊憲

こんにちは!

大西 勝士(@katsushio1603)です。

 

岩井俊憲さんの「アドラー流一瞬で心をひらく聴き方」を読みました。

良好な関係を築くには、うまく話すことが大事だと思っていました。

しかし、アドラー心理学を学ぶにつれて、聴くことのほうが大切だと思うようになりました。

 

話しベタ、引っ込み思案、会話が続かない…。

こんな悩みをお持ちの方にぜひ読んでもらいたい本です。

 

では紹介します! 

 

 

最後まで話を聴く

待つこと=相手を大切すること。話がゆっくりな人、早口な人、言葉をつむぐのに時間がかかる人…いろいろな人がいますが、聴き上手な人は、相手の言葉が終わるまで、待つことができる人です。 

人から話を聴いてもらうと本当にうれしいものです。

逆に話している途中で色々言われたり、要するに…などとまとめられたりすると話す気がなくなってしまいます。

良好な関係を築くには、相手の話を最後まで聴くことが大切です。

 

待つこと=相手を大切にすること。

これは常に意識したいですね。

 

話すより聴くことに時間を使う

人は自分の話を聴いてくれる人が好きな生きものです。だからこそ、聴き上手な人は、仕事でもプライベートでもモテるのです。 

自分の話を聴いてもらえるとうれしいですよね。

良好な関係を築きたければ、話すより聴くことに時間を使うことです。

特に初対面だと「うまく話さなければ…」と思いがちですが、自分からそんなに話す必要はありません。

相手に質問し、聴き役に徹するぐらいのほうが良い関係になれそうですね。

 

勇気づけができる

聴き上手な人は、決して相手を見下したり、こびへつらったりしません。相手と対等な関係、そして相手を肯定する姿勢で話を聴きます。 

 

自分を肯定してくれる人を批判する人はあまりいません。

だからこそ、勇気づけができる人は、まわりから応援されるのです。

勇気づけとは「困難を克服する活力を与えること」。

アドラー心理学では相手と横の関係を築くこと、勇気づけを行うことを大切にしています。

たとえ相手のためを思ってだとしても、自分の主張を押しつけたり、相手の考えを批判していては良い関係を築くことはできません。

年齢などは関係なく、相手とは対等な関係、肯定する姿勢で話を聴くことを心がけていきたいですね。

 

まとめ

アドラー流一瞬で心をひらく聴き方」すごくわかりやすくてよかったです。

多くの人は自分の話を聴いてほしいと思っています。 

だからこそ、聴く力に長けている人は信頼を得るんですね。

「うまく話せない」と悩んでいる方は、本書を読めばその必要がないことに気づくことができますよ。

アドラー心理学について知りたい方にもおすすめです。

 

よかったら参考にしてください。 

それでは、また!

 

この本の詳細はこちらからどうぞ