かつにっき

自由を愛するWebライター 大西勝士のブログ

お金をたくさん持っているかと幸せは直接関係ない:〔書評〕お金と人生の真実 by本田健

スポンサーリンク

こんにちは!カツシ(@katsushio1603)です。

 

本田健さんの「お金と人生の真実」を読みました。

この本、すごくよかった…。

 

Kindle Unlimited(読み放題)対象本なのがありがたい。

では、紹介していきます! 

 

 

自分の人生の優先順位を明確にしておく

何がほしいのかをはっきりさせて毎日を生きなければ、社会の価値観に洗脳されてしまいます。そのためには、自分の人生の優先順位を明確にしておくことです。

優秀な人ほど、「上昇する、新しいことを学ぶ、成長する」ことに快感を覚えがちです。しかし、人生の大部分を成長することばかりに使っていると、本当に大事なものを見失ってしまいます。なぜなら、上昇志向にはまってしまうと、家族との時間や楽しい時間は、成長の邪魔になる感じがしてしまうからです。

優先順位を明確にしておくことはすごく大切。

自分の頭で考えず、流行っているから、常識だから、そういうものだからと大して必要ないものにお金や時間を使っていませんか?

 

ぼくにも上昇志向にハマって資格勉強に没頭し、何より大切なはずの家族との時間を大事にできていない時期がありました。

自分にとって本当に大切なものは何か?

常に自問していきたいです。

 

  

お金と幸せは直接関係ない

どれだけ物を持っていたとしても、それに対して不満があれば、ちっとも幸せにはなれません。逆に何も持っていなくても、本人が充足していれば、幸せだといえるでしょう。 お金や物をたくさん持っているかどうかと、幸せは直接関係ないのです。 お金を使うことによって幸せになれるかというと、それは条件つきYESです。なぜなら、お金があればいろんなことができるからです。快適な家に住んだり、旅行したり、便利な物を買ったりすることも可能です。お金によって、多くの不便さを解消することができます。

仕事に追われていたり、心が満たされていないと「お金さえあれば」と思いがち。

確かにお金があれば、多くの問題は解決されるでしょう。

しかし、お金さえあれば幸せとは限りません。

多くのお金を得ることで、人生が破たんしてしまうケースもあります。

宝くじが当たったことで仕事をやめて豪遊し、離婚してしまうのは典型例ですね。

 

お金がなくても幸せになることはできます。

わが家は決して収入は多くありませんが、家族仲良く幸せに暮らすことができています。

お金かけなくても工夫次第でいくらでも楽しく過ごせますよね。

▲この日、息子が大喜びで楽しかったなー(^^) 

 

自分を癒すとお金を受け取る器が大きくなる

「自分はお金持ちになるのがふさわしい」と感じている人は、豊かな人生を実現しています。また、「自分は豊かさに値しない」と考える人は、豊かさとは縁遠い人生を生きることになります。

私自身、癒しが進み、家族との関係がよくなって、自分のことが好きになったぶんだけ、収入も資産も急激に増えていきました。自分を愛し、仕事を愛し、お客さんや社会に自分の持っているものを自由に与えたい!と真剣に考えて行動していくにつれて、自然とお金を受け取る器が大きくなったのではないかと思います。

ここもすごく納得できる部分です。

ぼくはここ数年で人生が大きく変わったのですが、自分自身のあり方を変え、家族(特に息子との関係)を変えたことが理由だと思っています。

自分が嫌いな人、家族との関係がうまくいっていない人は、お金のことを考えるより、まずその状況を改善することが最優先です。

 

ぼくは会社をやめてフリーランスになり、最初の1年間は無収入でした。

現在も会社員時代より収入は低いです。

それでも以前よりはるかに自由で幸せだし、資産も少しずつ増えてきています。

 

 

まとめ

お金と人生の真実」はお金を増やすノウハウ本ではなく、お金との付き合い方を見直すきっかけを与えてくれる本です。

この本を読んで、自分の人生で何を優先するべきかを考えることができました。

お金に悩んでいる方にはすごくおすすめ!

気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

 

それでは、また!

 

この本の詳細はこちらからどうぞ!