かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

子育ては勝負じゃない。「子どもに言うことを聞かせる」を手放すと楽になれる。

 

親子ゲンカ勃発…。 

 

いつもなら時間を守れていない息子を叱ったり、妻を擁護するところです。

でも、今回は揉めているふたりの問題だと思い、何も言いませんでした。 

どちらかに求められてからでいいかなと…。

 

そしたら息子は自分から謝って、ふたり仲良く寝ました。

ぼくが余計なことを言わなかったから、息子は自分で考えて謝ったんだと思うんですよね。 

 

「子どもに言うこと聞かせる」を手放すと楽になれる

 

まとめ

子どもが少しでも間違ったことをしていると、すぐに注意したくなりますよね。

でも実際は別に大したことじゃないことも多い。

何でも指摘して注意しようとすると、お互いに疲れてしまいます。

たまには「子どもに言うことを聞かせる」を手放してみましょう。 

問題だと思っていたことも、放っておくと自然に解決できていることもありますよ。