6割できればOK

自分を責めたくなったら読んでほしい勇気の出るブログ

あの人が不機嫌なのは、あなたのせいじゃない。アドラー心理学の「課題の分離」で考えよう。

あなたの周りでいつも不機嫌な人はいないだろうか。

特に親しい人が不機嫌だと、もしかして自分のせい?と思ってしまう。

何か悪いことしたかなあ…。

気に障ること言っちゃったかなあ…。

 

でも安心してほしい。

あの人が不機嫌なのは、あなたのせいじゃない。

 

あの人が不機嫌なのは、あなたのせいじゃない

以前のぼくは、周りに不機嫌な人がいると「自分のせいなのでは?」と考え、自分を責めるクセがあった。

その人と直接話をしていないときでさえ、そう思うこともあった。

でも、冷静に考えるとおかしな話だ。

どんだけ影響力あるんだよ(笑)

 

あの人が不機嫌なのは、あの人の問題であなたのせいじゃない。

たとえ不機嫌になった原因があなただとしても、不機嫌になると決めたのはあの人だ。

コントロールできないことを気にする必要はない。

これは、アドラー心理学の「課題の分離」で考えると理解しやすい。

 

アドラー心理学の「課題の分離」で考えよう

 対人関係に課題の分離の考え方を適用すると、相手が不機嫌だったり、イライラしたりすることは、相手の課題であって、自分の課題ではありません。日本の文化風土の中では、相手のイライラ、不機嫌を自分の責任のように考え、自分を責めたり自分が肩代わりしようとしたりする人が多すぎます。

引用:マンガでやさしくわかるアドラー心理学2実践編(岩井俊憲他) 

 

アドラー心理学には「課題の分離」という考え方がある。

問題を「これは誰の課題か?」「この問題の最終的な責任は誰にあるのか?」と捉え、「自分の課題」と「相手の課題」に分ける考え方だ。

 

上の引用にもあるように、相手が不機嫌なのは相手の課題。

相手の課題まであなたが引き受ける必要はない。

いつも周りの顔色を伺ってしまう人は、この「課題の分離」を意識してみてほしい。

ぼくも「課題の分離」を意識するようになってから、不機嫌な人がいてもあまり気にならなくなった。

 

不機嫌になるのは目的がある

 相手が不機嫌であることについては、アドラー心理学の立場からすると、不機嫌には他者を自分に近づけたくないという目的があることを知り、それを相手自身の課題だと認識して、そっとしておくと、お互いの関係のもつれを回避できると言えます。 

引用:マンガでやさしくわかるアドラー心理学2実践編(岩井俊憲他) 

 

アドラー心理学では、人間の行動には目的があると考える(目的論)。

あの人が不機嫌になるのは、他者を近づけたくないという目的があるから。

この考え方も理解しておくと、「放っておけばいいんだな」と判断できるようになる。

「あの人の目的は何だろう?」と考えられるようになれば、無駄に消耗しなくて済むだろう。

 

共同の課題にすることもできる

とは言え、相手が不機嫌だと困るときもある。

特にパートナーが不機嫌なときは自分も楽しく過ごせない。

こういう時には「共同の課題」にすることもできる。 

 

相手が不機嫌なのは「相手の課題」だ。

それに対して「私にできることはない?」などと提案し、相手がそれを受け入れれば「共同の課題」になる。

 

ただし、「共同の課題」にできるのは、あくまでも相手がこちらの提案を受け入れたときだけ。

無理やり要求を通すことではない点に注意しよう。 

 

まとめ

周囲の人が不機嫌だと、つい自分を責めてしまうことがある。

自分に近い人、親しい人が不機嫌だと尚更だ。

しかし、あの人が不機嫌なのは、あの人の課題であってあなたには関係ない。

自分を責める必要は全くないのだ。 

アドラー心理学の「課題の分離」が理解できると楽になるはずだ。

マンガでやさしくわかるアドラー心理学2実践編はとても参考になるので、ぜひ読んでみてもらいたい。 

 

参考にした本