6割できればOK

自分を責めたくなったら読んでほしい勇気の出るブログ

〔夏の日帰り家族旅行記〕国営ひたち海浜公園と那珂湊おさかな市場に行ってきた!

週末に日帰りで国営ひたち海浜公園那珂湊おさかな市場に行ってきた。

国営ひたち海浜公園は息子の水遊びとコキアを見ることが目的。

向かう途中に海が近いのでおいしい魚が食べられないか調べ、近くにある那珂湊おさかな市場にも立ち寄ることにした。

あまり下調べせずに行ったがすごく楽しめた。

では紹介しよう。

 

国営ひたち海浜公園茨城県ひたちなか市

国営ひたち海浜公園の入口(西口)

駐車場は「西駐車場」「南駐車場」「海浜口駐車場」の3つがある。

料金は普通車510円。

行きたい場所を事前に調べ、最寄りの駐車場に止めるのがおすすめ。

 

▲料金は大人410円。小中学生は80円、幼児は無料。

 

無料で水遊びができる。水着を持参しよう!

▲プレジャーガーデンエリアの水遊び広場では無料で水遊びができる。

この日は幼児~小学校低学年のこどもでいっぱい!

上図以外にも数か所遊べる場所があり、子ども用の水着持参がおすすめ。

うちの子も大喜びで、なかなかやめてくれなかった(笑)

有料アトラクションもたくさんあって、子どもたちにはたまらない場所だろう。

 

水遊び以外にも遊び場所がたくさん!

プレジャーガーデンエリア→草原エリアにはアスレチックもある。

水遊び広場ほどではないが、こちらも遊んでいる子どもたちがたくさんいた。

無料だが、かなり本格的なものもある。

草原エリアはBBQを楽しんでいる大勢の大人もいた。

 

みはらしの丘ではコキアが見どころ!

▲みはらしの丘はコキアがすごくきれいだった。

一面にきれいに並んでいる景色は圧巻。

丘の頂上からはきれいな海も見える。

暑くて登るのは大変だが、ここは超おすすめスポットだ。

8月下旬には「コキアライトアップ」が行われる予定。

 

その他注意点など

9時半開園なので、後述する那珂湊おさかな市場でランチを楽しむ場合は早めに行くのがおすすめ!

敷地がかなり広いので、どの駐車場に車を止めるかはすごく重要。

事前にきちんと調べておいたほうが時間をロスしなくていいと思う。

全てのエリアを回るならレンタサイクルシーサイドトレインを利用しよう。

うちは暑い中すべて歩いて回ったが、めちゃくちゃきついのでやめた方がいい(笑)

 

那珂湊おさかな市場(茨城県ひたちなか市

国営ひたち海浜公園の帰りに那珂湊おさかな市場に立ち寄った。

おいしい魚を求める人でいっぱい!

 

天然岩ガキを生でいただく!

▲市場内のお店では天然岩ガキが山盛り!

お店の人がその場で殻をむいてくれて、生で食べることができるのだ。

 

▲生カキたまらん!甘くておいしかったー!

 

魚屋さん直営の回転ずしが楽しめる

▲遅めのランチで市場入口にある市場寿しへ。

15時近かったが待っている客の姿が。

 

▲メニュー表。

直接注文することもでき、子ども用のさび抜きにも対応してくれた。

 

▲みそ汁はあおさ。

磯のいい香りがしておいしい。

 

▲生しらす(200円?)

すごく新鮮で甘いね。

 

▲赤えび(300円)

写真では伝わらないかもしれないが、えびの大きさがやばい。

味も甘くてたまらん!

 

▲本マグロ赤身(200円)

これで200円って大丈夫か?

味がしっかりして新鮮でおいしい。

 

▲これはくじら(300円)

回転ずしでこれが食べられるってすごい!

魚というよりは肉ですな。おいしい!

 

まとめ

国営ひたち海浜公園那珂湊おさかな市場も初めてだったがすごく楽しかった。

両方とも同じ市内で、車で20分ほどしか離れていない。

小さい子ども連れなら午前中は国営ひたち海浜公園、その後ランチで那珂湊おさかな市場に寄って変えるのがいいと思う。

公園内はカレー、ラーメンなどしかないので、せっかく海の近くに来たなら新鮮な魚介類を楽しんでみてはどうだろうか。

 

アクセス

国営ひたち海浜公園

 

hitachikaihin.jp

  

那珂湊おさかな市場

www.nakaminato-osakanaichiba.jp

tabelog.com