読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かつにっき

アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西 勝士のブログ。自分を勇気づけ、自分を好きになれば人生は変わる!

自分の時間を生きることが幸せの指標になる:〔書評〕99%の会社はいらない(堀江貴文)

堀江貴文さんの「99%の会社はいらない」を読んだ。 

この本は会社のおかしいところや自分の時間を生きるための新しい働き方について書かれている。 

ノウハウだけでなく、実践するための考え方まで書かれており、組織に縛られず、自由に生きたい人は必読の本だ。

イケダハヤトさん、はあちゅうさんなどの事例も出てくるのでブロガーも要チェック!

 

では、ぼくの印象に残ったところを紹介しよう。 

 

 

自分の時間を生きることが幸せの指標になる

同じ時間だけ稼働しているのに、「忙しくて大変」と感じる人と「そこまで忙しくない」と感じてしまう人。 

この差はどこにあるのだろうか?答えは簡単。前者は「他人の時間」を生きる苦しい忙しさで、後者は「自分の時間」を生きる楽しい忙しさだからだ。

「自分の時間」であれば、楽しい毎日を送ることは難しくない。忙しいことは幸せであり、自分の時間を生きることが幸せの指標になると考えている。 

ここは本当にその通りだ。

「他人の時間」を生きるのと「自分の時間」を生きるのでは、日々の楽しさ、ストレス、自由度がまったく違う。

ぼくは会社に勤めているとき、収入にはまったく不満はなかった。

つらかったのは決まった時間に出社しなければならなかったり、拘束時間が長いこと。

フリーランスになって収入は安定しないが、時間に縛られることのストレスからはかなり解放された。

休日に仕事をしなければいけないこともあるが、自分でやると決めたことだし、がんばれば収入にも反映されるのであまり気にならない。

自分の時間を生きることが幸せの指標になるのは間違いない。 

 

好きなことを武器にして〔マイナー&高収入〕を目指せ

 ブロガーのイケダハヤトさんや藤沢数希さんもテレビなどのメジャーな場には出てこないものの、まったく知られていないような状況から自身の考えをブログなどで公開することで徐々に人気を得ていき、それこそ生活するには十分すぎるほどの収入を得られるようになっている。

 実は、このように最初からメジャーではなく〔マイナー&高収入〕を目指す方が生活は安定しているし、苦難も少ないと言える。むしろ好きなことを武器に、収入を得ることができるようになるのだ。 

ブログを始めてみて思うのは、あまり世の中に知られていなくても、個人で好きなことをやって収入を得ている人は思った以上に存在することだ。

ただ好きなことをやるだけでなく、それをブログやSNSで世に発信していくことで仕事や収入につながる可能性が出てくる。

堀江さんのように〔メジャー&高収入〕になるのは難しくても、〔マイナー&高収入〕であれば、やり方次第で可能性はあるのかもしれない。

ぼくもこのブログが仕事や収入につながるのか、今は正直イメージできない。

でもあまり深く考えず、楽しいと思えるうちは自分の思いを発信していきたいと思う。

 

世の中には、本当に自ら動かない人間が多い

 世の中には、本当に自ら動かない人間が多い。彼らは世の中の変な常識に縛られすぎているのだ。人と違ったことをすると、何か問題が起こるのではないか、自分にとって不利なことが起こるのではないかと考え、不安になってしまっている。

 たとえば本を読んだら、そこに書いてあることを実践すればいいのに、誰も行動しようとしない。 

本当にその通りとしか言いようがない。

本を読んでいいなと思ったことがあれば、ひとつでもそれを実践する。

これを続けていれば人生は大きく変わる。

ぼくは考え方やお金の本が好きだが、実践したことでかなり考え方は(良い方向に)変わったし、 お金にもしっかり向き合えるようになった。

本を読んで、これはいいなと思ったらとにかく試してみよう。

たとえうまくいかなくても、うまくいかないことが確認できる。

必ず得るものがあるはずだ。

 

www.not-bound.com

 

まとめ

本書を読んで、堀江さんの行動力は本当にすごいと改めて思った。 

もちろん堀江さんのように生きるのが幸せかどうかはわからない。

ぼくは家族との時間を大切にしたいし、もっとゆっくり過ごしたいので堀江さんのように生きたいとは思わない。

でも実践していること、考え方はすごく参考になることばかりだ。

特に「自分の時間を生きることが幸せの指標になる」はすごく共感した。

組織に縛られず、自由に生きたい人はぜひ読んでみてもらいたい。 

 

この本の詳細はこちらからどうぞ!