かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

結果を出せたら素晴らしいのではない。自分は素晴らしいと思えるから結果が出るんだ。

最近少し気持ちが沈んでいた。

理由は本業やブログで自分が思うような結果を出せていないから。

「うまくいかない→自分はダメ→ますますうまくいかない→自分はダメ→…」

この負のスパイラルに陥りそうになっていた。

 

でも間違いに気づいた。

結果を出せたら素晴らしいのではない。

自分は素晴らしいと思えるから結果が出るんだ。

今までもうまくいっているときはそうだった。

逆なんだよね。

 

条件付きの自信は折れやすい

  • テストでいい点とれたからすごい
  • 仕事で結果を出せたからすごい
  • お金がいっぱいもらえるからすごい
  • PVがたくさんあるブログを運営しているからすごい

これらは「結果を出せたら自分はすばらしい」という考え方。

「結果を出せない自分は価値がない」と考えることもできる。

つまり、条件付きの自信だ。

 

結果を出せているときは問題ないが、結果を出せなくなるとすぐに折れてしまう。

自信を保つにはずっと結果を出し続ける必要がある。

がんばり続けなくてはならない。休めない。

これはつらいよね。

 

結果と自分の素晴らしさを結びつけない

うまくいかないと悩んでいる人は「結果を出せたら自分は素晴らしい」と考えている。

繰り返しになるが、これは条件付きの自信で折れやすい。

たとえ結果を出せても、ずっとがんばり続けなくてはならない。

もうこんな考えは捨ててしまおう。

 

「結果を出せること」と「自分の素晴らしさ」には何の関係もない。

この2つを結び付けてしまうから苦しくなってしまう。

あなたはすでに素晴らしい存在なのだ。

あなたの素晴らしさは結果に左右されることはない。

 

「結果が出なくても私は素晴らしい」と言ってみる

今までの考え方は簡単に変えられないよ…。

そう思う人もいるだろう。

おすすめは「結果が出なくても私は素晴らしい」と言ってみること。

自分に言い聞かせるように何度もつぶやいてみよう。

 

まず言葉にすることが大切。

言葉の力はすごいもので、徐々に考えが言葉に一致するようになってくる。

「書き出すと夢がかなう」と言われるのも同じだろう。

考え方を変えたい人はだまされたと思ってやってみてほしい。

 

考え方が変われば現実は変わる

こうやって考え方を変えると現実も変わってくる。

正確には、現実は変わらないが自分の見え方が変わるのだ。

自分が素晴らしいと思えると、他人や物事のよいところに注目できるようになる。

失敗に対しても寛容になる。

うまくいっているところもあったと気づけるようになる。

 

うまくいっていないときは、たいてい逆のことをしている。

結果や環境ではなく、まず考え方を変える必要があるのだ。

www.not-bound.com

 

別に結果を出せなくてもいい

「別に結果を出せなくてもいい」と開き直るのも一つの方法だ。

結果にこだわりすぎるから、結果を出せなかったときに自分を責めてしまう。

 

例えばブログ運営であればPV,収益が結果だ。

そこに注目して「PV、収益が上がらない」と悩んでも仕方がない。

結果よりも日々やることを決め、それを実行したかにこだわることだ。

  • 毎日更新する
  • 過去記事を1日〇記事リライトする
  • プロフィールを充実させる
  • カスタマイズして見やすくする
  • 他ブログを研究して真似する
  • 記事ネタを考える

もちろん結果が出るほうがいいし、ぼくだって結果を出したいと思っている。

しかし、結果はコントロールできない。

 

自分がやると決めたことを実行できると、結果を出すこと以上の自信が持てる。

結果よりもプロセス、行動に注目してみよう。

 

まとめ

結果が出ないと悩むのは、何かにがんばって取り組んでいる証拠だ。

せっかくがんばっているのに、結果を出せないからと自分を責めるのはやめよう。

結果を出せたら素晴らしいのではない。

自分は素晴らしいと思えるから結果が出るんだ。

うまくいかないのなら「結果を出せなくても私は素晴らしい」と言ってみよう。

結果を出そうとするより、考え方を変えることが先だ。