かつにっき

自分を勇気づけ、自分を好きになれば、人生は変わる!アドラー心理学 勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

フリーランスは節税と資産形成が同時にできる個人型確定拠出年金で将来に備えよ。

フリーランスは会社員のように厚生年金がない。

国民年金だけなので、将来への不安を感じる人もいるだろう。

そこで活用したいのが個人型確定拠出年金だ。

 

節税しながら資産形成できる、フリーランスにとって最強の資産運用法。

デメリットもあるが、それを補って余りあるほどのメリットがある。

では、紹介しよう。

 

個人型確定拠出年金とは?

個人型確定拠出年金はざっくり言うと、60歳以降に受け取れる積立預金。

毎月掛金を拠出して積み立て、その掛金を自分で運用していく制度だ。

 

運用商品は加入する金融機関によって異なる。

どの金融機関でも定期預金、保険、投資信託等から自分で運用商品を選択する。

掛金は所得控除、運用益は非課税など税制面のメリットが大きい。

 

このように、加入者にとってたくさんのメリットがあるのは「将来は自分で備えてね。」という国からのメッセージでもある。

少子高齢化、国の財政状況を考えると、これ以上もらえる年金が増えることはないだろう。

将来は自己責任で備えるしかない。

だからこそ、フリーランスは積極的に個人型確定拠出年金を利用すべきだ。 

 

個人型確定拠出年金にはどんな人が加入できるの?

確定拠出年金には「個人型」と「企業型」がある。

個人型確定拠出年金は自営業者・フリーランス(第一号被保険者)はもちろん、勤務先の会社に企業年金制度がなく、企業型確定拠出年金を導入していない会社員も加入できる。 

会社員でよくわからない方は、勤務先に確認してみるといいだろう。

 

ちなみに、2016年7月現在は公務員、専業主婦(主夫)などは加入できないが、2017年1月から加入者の範囲が拡大し、基本的にすべての人が加入できるようになる。

今まで加入できなかった人はこの機会に加入を検討するといいだろう。

www.mhlw.go.jp

 

個人型確定拠出年金の毎月の掛金の上限は?

自営業者やフリーランスであれば月68,000円(年816,000円)が拠出限度額となる。

ただし、国民年金基金国民年金付加保険料を支払っている場合は、それも含めて月68,000円なので注意しよう。

個人型に加入できる会社員は月23,000円(年276,000円)が拠出限度額となる。

ぼくが加入しているSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)は月5,000円から始められる。

拠出金額は5,000円以上、1,000円単位で設定することができる。

ただし、拠出額を変更できるのは年1回。

掛金は原則60歳まで引き出せないので、無理のない金額から始めよう。

 

個人型確定拠出年金3つの税制メリット

引用:個人型401K(確定拠出年金積立年金プラン)|SBI証券

 

個人型確定拠出年金には3つの税制メリットがある。

 

1.掛金が全額所得控除で節税できる

引用:確定拠出年金 加入のメリット > 節税メリット

 

個人型確定拠出年金の掛金は全額、課税所得から控除(差し引く)ことができる。

ぼくたちが支払う税金は「課税所得×税率」で計算されるので、「掛金×税率」分だけ税金を払わなくて済む。

例えば、税率10%の方が年12万円(月1万円)掛金を支払うと、年12,000円の節税になるのだ。

毎月積み立てて運用でき、しかも「掛金×税率」分は確実に節税できる。

今どき確実に節税、つまり儲かる資産運用法なんてほとんどない。

こんなおいしい制度を利用しない理由はないのだ。

 

このメリットを享受するには、年末に届く「掛金払込証明書」を確認し、確定申告時に「小規模共済掛金控除」として申告する必要がある。

 

所得税率の確認はこちら)

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

※「所得税率+住民税率(10%)」で自分の税率がざっくり計算できる。

 

2.運用益が非課税で、運用商品のコストも安い

引用:確定拠出年金 加入のメリット >運用益が非課税

 

個人型確定拠出年金の運用益は非課税になる。

例えば掛金を投資信託で運用して100万円の運用益が出たとする。

通常は運用益100万円に対して約20%の税金がかかり、手取りは20万円減る。

しかし、個人型確定拠出年金の運用は非課税で100万円がそのまま利益になる。

その利益を再投資していけば、複利の効果で資産が雪だるま式に増えていく。

運用期間が長いので運用益が非課税なのは大きい。

 

また、運用商品のコストが安いのも魅力だ。

運用商品として投資信託を選択すると信託報酬というコストがかかる。

それが確定拠出年金用に用意されている投信信託は信託報酬が安いものが多い。

日本株式や外国株式のインデックスファンドであれば、年0.2%台とかなり安いものが用意されている。

長期間運用することを考えると、なるべくコストが安い商品を選ぶべきだ。

ちなみにぼくは日本株式と外国株式のインデックスファンドに50%ずつ拠出している。

 

3.受取時も税制優遇措置がある

引用:確定拠出年金 加入のメリット > 受取時

 

個人型確定拠出年金は受取時にも税制優遇措置がある。

受取方法は一括、年金形式、一括・年金を併用の3種類。

一括の場合は退職所得控除、年金形式の場合は公的年金等控除の対象になる。 

 

退職所得控除は確定拠出年金の運用期間が20年以下と20年超で計算方法が変わる。

20年超のほうが有利になるので、加入期間が20年超になるように早く加入しよう。 

詳しい計算方法は下記リンクを参照してほしい。

No.1420 退職金を受け取ったとき(退職所得)|所得税|国税庁

 

年金形式の場合は公的年金などと合算してから公的年金等控除を差し引いて所得金額(雑所得)を計算する。

こちらも詳しくは下記リンクを参照してほしい。

No.1600 公的年金等の課税関係|所得税|国税庁

 

個人型確定拠出年金のデメリット

メリットが多い個人型確定拠出年金だがデメリットもある。

それは、原則60歳になるまで引き出せないこと。

いくら節税になるからといって掛金を拠出しすぎると手元資金がなくなってしまう。

将来に備えることも大切だが、急にお金が必要になることもある。

所得控除はされないが、NISA口座なら運用益は非課税になるし、すぐに解約して現金化することもできる。

将来に備えるお金と手元に置いておくお金とのバランスはきちんと考えておきたい。

 

NISAとは|SBI証券

 

転職・退職で企業型から個人型に移管できる

企業型確定拠出年金を導入してる会社に勤めていたが、退職してフリーランスになる、あるいは年金制度のない会社で働くことになる場合は、資産を個人型に移管することができる。

ぼくが勤めていた会社も確定拠出年金を導入していて、退職後に個人型に移管した。

退職時に何もしないで放置しておくと6が月後に現金化され、国民年金基金連合会に自動移管されてしまう。

退職する会社の担当者に事前に確認し、移管する金融機関を検討しておこう。

ちなみに、ぼくはSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)に移管した。

相談すれば丁寧に対応してくれるので、まず問い合わせてみよう。 

 

個人型確定拠出年金SBI証券がおすすめ 

個人型確定拠出年金に加入するならSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)がおすすめだ。

ぼくも企業型から移管して3年近く運用している。

企業型からの移管はとても不安だったが、大きなトラブルなく手続きできた。

わからないことがあって問い合わせても丁寧に対応してくれる。

商品ラインナップが充実していて、コストが安いことも魅力。

管理資産の評価額が50万円以上になると、SBI証券に月々支払う口座管理手数料が無料になるのがうれしい。

まずは資料請求して他の金融機関と比較してみるといいだろう

 

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

 

まとめ

個人型確定拠出年金は税制メリットが非常に大きい。

節税と資産形成が同時にできるのはフリーランスにとって魅力的だ。

個人で資産運用する環境を国が整えているということは、将来には自己責任で備えろという国からのメッセージ。

今すぐ年金が支給されなくなることはないだろうが、少子高齢化、国の財政状況を考えると悪くなることはあってもよくなることはないだろう。

今の現役世代はもう資産運用から逃げることはできない。 

個人型確定拠出年金で節税しながら将来に備えよう。 

 

〔こちらから資料請求できます〕

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

 

確定拠出年金についてわかりやすく書かれた本はこちら