かつにっき

自由を愛するWebライター 大西勝士のブログ

〔内向型人間のあなたへ〕考えすぎて疲れたときに頭をスッキリさせる8つの方法

スポンサーリンク

ぼくは内向型人間だ。

この世には外向型人間と内向型人間が存在する。

そして、内向型は「常にいろんなことを考える」傾向がある。

いつもあれこれ考えてしまうので疲れやすい。

 

内向型人間は意識して休息する必要がある。

体ではなく、心や頭を。

つまり、考えない時間を作らなくてはならない。

 

今回は、内向型人間のぼくが考えすぎて疲れたときに行っている、頭をスッキリさせる方法について書いてみる。

 

「内向型って何?」という方はこちらの記事をどうぞ。 

www.not-bound.com

 

考えすぎて疲れたときに頭をスッキリさせる8つの方法

1.ランニング(運動)

ぼくはランニングが多いが、運動なら何でもおすすめ。

体を動かすことで、余計なことを考えることがなくなる。

ランニングは好きなときに自分のペースでできるのがいい。

これからの季節だと水泳もいいな。 

汗をかくと体はスッキリするし、気持ちもリフレッシュできて最高だ。

 

2.掃除

掃除はかなりおすすめ。

やり始めるまでは億劫なのは確か。

だが、やれば掃除場所はきれいになるし、頭の中もスッキリするから不思議だ。

その場所をきれいにすることに集中するのがコツ。

ひたすら磨いたり、拭いたりすることで余計なことを考えることがない。

休日にまとまった時間が取れるなら、1か所だけ掃除するところを決めておこう。

あまり一気にやると逆に疲れてしまう。

余程の掃除好きでない限り、1か所にとどめておくほうがいいだろう。 

 

3.料理 

料理をするとすごくリフレッシュできる。

ぼくは平日は遅いのでできないが、休日にはよく料理をする。

カレーや炒め物など簡単なものばかりだが、料理するのは好きだ。

段取りを考える必要はあるが、身体も動かすし、いつもと使う頭が違うのだろう。

料理が終わって、家族で食事をするときにはすごく頭がスッキリしている。

得意、不得意あるだろうが、これもすごくおすすめだ。

 

4.瞑想、深呼吸

あまり場所を選ばずにできるのがいい。

考えすぎて疲れたときには、短時間で気持ちをリセットすることができる。

寝る前に行う習慣ができると、気持ちよく眠りにつくことができるだろう。

疲れを感じるときは体に力が入っていたり、呼吸が浅くなっていることが多い。

瞑想や深呼吸をしながら、自分の体や呼吸を意識してみよう。

力を抜いて、深い呼吸を繰り返していると徐々に気持ちが落ち着いてくる。

疲れを感じる前にやると、1日快適に過ごすことができる。

 

5.単純作業・体を動かす仕事

仕事であれこれ考えて疲れたときは、単純作業や体を動かす仕事がおすすめ。

ぼくは学習塾を運営しているので、掃除や掲示物の張り替え、不要な書類の処分、配布物の封入作業など、頭を使わない仕事をするようにしている。

仕事の調整ができるなら、疲れたときは単純作業をやろう。

頭がスッキリして、考える仕事への意欲が湧いてくる。

 

6.家族と出かける、遊ぶ

「家族と」を強調したい。

ぼくは友達と話すのも好きだし、今まで話したことがない人と交流するのも好きだ。

新たな出会いが自分を成長させてくれると思っている。

しかし、思っている以上にパワーを使うのだ。

特に大勢の人が集まるようなところに行った次の日は何もやる気が出ない。

だから、疲れているときは心許せる「家族」と過ごすのがおすすめ。

家の中より外に出かけて遊んだり、旅行するほうがリフレッシュできるだろう。

うちの子は外で遊ぶのが好きなので、最近は公園に行くことが多い。

 

7.温泉

疲れて体に力が入っているときが特におすすめ。

ゆっくり温泉に入ると、体の力が抜けてリラックスできる。

広い風呂や露天風呂は心までリラックスできるのがいい。

時間がなければ近くにあるスーパー銭湯で十分だろう。

時間もかからないのでおすすめだ。

 

8.海を見る(自然に触れる)

ぼくは海を見るのが好きだが、山もいいよね。

とにかく日常の喧騒から離れて自然の中に行くこと。

特に海はずっと眺めていられる。

アクティブな人には物足りないだろうけど、内向型の人にはすごくおすすめ。

ぼくは実家に帰省したときにはいつも海を見に行くことにしている。

www.not-bound.com

 

まとめ

色んな方法があるが、とにかくいつもとは違うことを考える、または、何も考えない時間を作ることだ。

外向型の人は、人が集まる場所やたくさんの人と交流すること、たくさん活動することで力を蓄える。

しかし、ぼくのような内向型の人はそれをやると力を吸い取られてしまう(笑)

これはもう仕方がないことなので、自分で対策を考えるしかない。

考えすぎて疲れたときはぜひ、この8つの方法を試してみてほしい。