かつにっき

Webライター&勇気づけカウンセラー 大西勝士のブログ

仕事ができる人は直感と好奇心で生きている:【書評】「凡人」を脱するための10の考え方

スポンサーリンク

 

イケダハヤトさんの「「凡人」を脱するための10の考え方」を読んだ。

ぼくはイケダさんのブログ(まだ東京で消耗してるの?)とnoteマガジンの読者だ。

だから読んだ記憶のある記事がほとんどだったが、やっぱりおもしろい!

こうやってまとめてもらえると読みやすいし、自分の感じ方も変わる。

価格も安くて(250円)、コンパクトにまとまっていてたのもよかった。

10~15分ぐらいで読み終わったかな。 

では、紹介しよう!

 

 

「論理的であること」の限界を知っている

彼らは「論理」が「あと付け」であり、「どうとでもなるもの」であることを知っています。 だから、それを重要視しません。誰かを説得するときに、仕方なく論理を組み立てる。

論理なんてくだらないものは、すっとばして、直感と好奇心で生きている人たち。または、そうなろうと努力している人たち。

これが、ぼくが考える「仕事ができる人」の第一条件です。

 

人生に苦しんでいる人は、自分の気持ちを無視しているのではないだろうか。

本当はやりたいことがあるが、なぜやりたいのかを説明できない。

何の得もないし、周囲からもきっと理解されない。

だからみんなやっていることを自分もやっておけばいいんだ。

意識的にせよ、無意識にせよ、そうやって無理やり自分を納得させているから苦しい。

 

でもそんな論理は必要なくて、「何となくやりたい」でいいと僕は思う。

自分の直感を信じて、これからもやりたいと思ったことに挑戦していきたい。

「仕事ができる」かは周りが決めること。

周囲を気にせず、自分の「やりたい」を追求したほうが楽しいはずだ。

 

自分のやっていることは「遊び」だと思っている

優れた人々は、最終的に「遊び」に行き着きます。 ようするに、「意味」なんてないんです。単に、楽しいからやっている。 ぼくも「なんでブログを更新するんですか?」と聞かれたら、「いや、だってまぁ、楽しいから……?」というくらいしか返答できません。

そこに何か「大きな意味」みたいなものはありません。ゲームみたいなものです。

 

イケダさんもそうだが、うまくいっている人には「~しなければ」という悲壮感がまったく感じられない。

「生活できない」「お金が」とかじゃなく、楽しいからやる。

もちろん、急にできることではないけど、楽しさや遊びを追求していく姿勢はとても大切だと思う。

毎日の生活の中に「楽しいからやる」の割合を少しずつ増やしていく。

そして、最終的に「遊び」に行き着くことができれば最高ですよね。

 

 変化を楽しむ

凡人は、ほんとうに、変化を嫌いますよね。あたかも自分が永遠の命を得ているかのように、日々を安定的に暮らそうとします。凡人にとって「変化」はネガティブなものです。 「非凡」なぼくからすると、これはほんとうに信じがたいことです。変化のない人生なんて、おもしろくないと思いますけどね。安定なんて、だいたいウソですし。変化こそが面白いんですよ、人生というのは。 あなたが「変化を恐れる」ようなら、あなたは間違いなく、凡人です。 新しい環境に飛び込むことを、ある種の「快楽」だと捉えているあなたは間違いなく、非凡です。 ここが、もっとも大きな分水嶺でしょう。 凡人であるあなたは、変化する力が弱すぎるのです。 だから、いつまでたっても、凡人なんですよ。

 

ここは少し耳の痛いところ…。

でも、サラリーマン時代よりは色んな変化を楽しめるようになったかな。

変化を苦痛だと捉えてしまうと成長はないよね。

会社を辞めるような大きな変化じゃなくても、同じ仕事の中で新しいことを試してみることはすごく大切なこと。

「今までこのやり方でやってきたから」という理由だけで同じことを繰り返すのは、思考停止以外の何物でもない。

新しいことを試してうまくいかなければやめてもいいし、元のやり方に戻せばいいだけですからね。

 

まとめ

ぼくは「この人いいな」と思ったら、その人の考え方を学ぶべきだと思っている。

自分の考え方、あり方が今の自分の現実を作っているからだ。

この本を読めば、イケダさんの考え方を知ることができる。

ブログを書いている人は必読!

そして、もっと楽しく、自由に生きたい人にもおすすめ。

さあ、気になる方はすぐに買って読んでみよう! 

 

この本の詳細はこちらからどうぞ!

 

Kindle Paperwhite」でKindle読書をはじめよう!

Kindle読書は「Kindle Paperwhite 」がおすすめだ。

スマホタブレットと違い、本を読むことだけに集中できる。

軽くて持ちやすいし、目にも優しい。

プライム会員なら月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリー特典も。

 

ぼくもKindle Paperwhite 」のおかげで読書がすごく快適になった。

価格が気になる方は少し安い「Kindle」でもいいだろう。

読書好きの方には自信をもっておすすめする。